netkeiba.com

父キンカメ、母ダンスインザムードのダンスディライト

2018年12月05日(水) 12:00

●ウィッチクラフト(牡 栗東・浜田多実雄 父ゴールドアリュール、母ウィッチフルシンキング)

 母ウィッチフルシンキングはアメリカでパカラップS(G2・芝9f)など4つの重賞を勝った。繁殖成績も優秀で、JBCレディスクラシック(Jpn1)などダート重賞を6勝したメーデイア(父キングヘイロー)、福島牝馬S(GIII)を勝ったロフティーエイムなどを産んだ。娘マンティスハントの子サングレーザーは札幌記念(GII)など重賞を3勝している。

 本馬は母が22歳時の産駒。母が高齢すぎると統計上あまり芳しい結果は出ていないのだが、力のある繁殖牝馬なので期待できる。ゴールドアリュール産駒なのでダート向きだろう。古馬になってから良くなるタイプで中距離ベスト。

●キタサンテンビー(牝 美浦・小笠倫弘 父ダイワメジャー、母ビッグテンビー)

 スプリンターズS(GI)と高松宮記念(GI)を勝ったローレルゲレイロの半妹。母ビッグテンビーは準OPまで出世したローレルウェルシュの全姉で、2歳夏の新馬戦(芝1200m)を楽勝したあと、脚部不安で休み休みでしか使えず、結局4戦1勝で引退した。

 本馬の父はダイワメジャー。母方に・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す