netkeiba.com

熾烈な地方全国リーディング争い

2018年12月11日(火) 18:00

リーディング争いは大晦日までもつれる可能性も


 前回は“馬”についてNARグランプリ表彰を展望したが、今回は“人”の表彰についてここまでの経過を見てみよう(成績は12月10日現在、但し書きがない限り地方のみの成績)。

 今年も残り3週間となって、激しい争いとなっているのが騎手の勝利数リーディングだ。12月10日現在で森泰斗騎手(船橋)269勝、吉村智洋騎手(兵庫)267勝。今年前半、ずっとリードしていたのが吉村騎手で、夏頃からは10〜20勝程度の開きで推移していた。森騎手は5月25日に落馬があって2週間ほど騎乗を休んでいた影響も・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

斎藤修

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す