netkeiba.com

ホエールキャプチャ、パクスアメリカーナの全妹パイオニアプライド

2019年01月30日(水) 12:00

●キープオンゴーイン(牝 美浦・国枝栄 父ディープインパクト、母レディジョアン)

 母レディジョアンはアラバマS(07年米G1・ダ10f)など米重賞を3勝した活躍馬。そのきょうだいにShackleford(11年プリークネスS-米G1などG1を3勝)、Baghdaria(06年アイオワオークス-米G3など重賞3勝)、Afleeting Lady(12年フォールズシティH-米G2など重賞2勝)などがいる超良血馬でもあり、繁殖牝馬としての期待も大きい。

 母方にUnbridledを持つディープインパクト産駒はダノンプラチナ、ダノンバラード、ダコール、アンドリエッテ、グランアレグリア、ブランボヌールといった重賞勝ち馬が出ており成功している。全兄ダノンオブザイヤーは1勝、全姉ロイヤルヴォルトは未勝利と、全きょうだい2頭はこの良血の期待値に釣り合う成績とはいえないが、確率的にそろそろ当たりが出てもおかしくない。芝向きの中距離タイプ。

●シブヤクロッシング(牡 栗東・矢作芳人 父Medaglia d'Oro、母Oleanda Avenue)

 2代母Harmony LodgeはバレリーナH(03年米G1・ダ7f)、ギャラントブルームH(03年米G2・ダ6.5f)など5つの重賞を制した名牝で、その半兄にGraeme Hall(00年アーカンソーダービー-米G2など米重賞4勝)、近親にMagnum Moon(18年アーカンソーダービー-米G1、レベルS-米G2)がいる活力あるファミリー。本馬と・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す