netkeiba.com

注目新種牡馬も多数紹介された、2019種牡馬展示会が終了

2019年02月27日(水) 18:00

生産地便り

JBBA展示会全景


一連の種牡馬展示会は、この冬最も厳しい寒さの中での開催になった


 今月は、前半と後半とで極端に気温が変化し、体の調子が狂ってしまうような落差が生じた。前半は例年と比較してもかなり寒い冬で、朝の最低気温はほとんどマイナス二桁を記録した。日中も気温が上がらず、0℃に到達しない真冬日の連続で、とりわけ寒さが厳しかったのは8日(金)のこと。日中の最高気温が浦河の私宅でマイナス10度にしかならず、終日震えながら過ごした。

 おおむね15日(金)あたりまでは気温の低い状態が続いたが、週が変わり18日(月)以降はずっと例年よりも高めの気温で推移している。日中も5度〜6度という日が多く、雪解けが一気に進んだ印象だ。後半に入ってからはずっと雪らしい雪も降っていない。

 今思えば、5日(火)社台スタリオンに始まった一連の種牡馬展示会は、この冬最も厳しい寒さの中での開催になったと言える。中でも12日(火)〜15日(金)までの4日連続の展示会はいささかきつい日程であった。

 14日(木)は静内地区3か所を時間差で巡回する合同展示会で、午前9時JBBA静内種馬場、10時アロースタッド、11時半レックススタッドと最も過密スケジュールであった。

 JBBA静内種馬場は今年新たに供用開始となるデクラレーションオブウォー(米国産10歳)が最初に展示され・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

田中哲実

岩手の怪物トウケイニセイの生産者。 「週刊Gallop」「日経新聞」などで 連載コラムを執筆中。1955年生まれ。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す