netkeiba.com

新種牡馬の活躍と新人騎手

2019年05月21日(火) 18:00

門別競馬場にこの時期特有の難敵も…


 まずは先週お伝えした北海道2歳新馬戦の続報から。5月9日までに2頭の新種牡馬(ニホンピロアワーズ、マジンプロスパー)の産駒が勝利を挙げたと書いたが、先週15、16日の門別開催で行われたJRA認定フレッシュチャレンジ3戦では、なんと!すべて新種牡馬の産駒が勝利した。

 15日のフレッシュチャレンジを勝ったのはトゥザワールド産駒のクロスワールド(牝、林和弘厩舎)で、ハナ、ハナ差という3頭の大接戦を制した。ちなみに1番人気で3着だったアクアリーブルは、母が兵庫デビューで船橋に移籍し関東オークスJpnIIや黒潮盃を制するなど重賞7勝を挙げたアスカリーブルという注目の血統馬(父はパイロ)だった。

 翌16日のフレッシュチャレンジでは、マジェスティックウォリアー産駒のヘイセイメジャー(牡、松本隆宏厩舎)が勝利。3月28日の能力検査(800m)で出した49秒1というタイムは、・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

斎藤修

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す