netkeiba.com

クラシックを目指し函館に入厩する馬たち(津田照之)

2019年07月09日(火) 18:00

入厩する馬の質も上がっている中で注目した馬


 開幕週から3週間は短距離戦のみの番組構成だった函館の新馬戦だが、先週から芝の1800メートル戦がスタート。いよいよクラシック戦線に向けた争いが始まった。それに伴い、函館競馬場に入厩する馬の質も徐々に上がってきている。

 リズムオブラヴ(牝、父ディープインパクト、母ミュージカルウェイ、藤原英)は私、津田が放送や紙媒体を通じて、「この馬はいい」と言い続けてきた馬(情報入手が遅かったため、赤本では指名していないが…笑)。実際、生で見てみると、他の2歳馬とは違った雰囲気。大げさに言えば、1歳年上かと思えるくらい、付くべき所に筋肉が付き、いい体付きをしている。早速、調教を付ける田中博助手に取材をしてみると、「この馬、テレビでいつも推してるやろ。だって、取材する目付きが違うもん」と冷やかされる始末。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

赤本取材班

須田鷹雄+取材班が赤本紹介馬の近況や有力馬の最新情報、取材こぼれ話などを披露します!

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す