netkeiba.com

幼馴染であり、かつての戦友――田中学騎手と木村健調教師の誓い

2019年07月16日(火) 18:00

 2014年、大晦日まで全国リーディング争いを繰り広げた田中学騎手(兵庫)と木村健騎手(当時、兵庫)は小学生の頃からの幼馴染。全国リーディング争い中でさえ、「一緒にレースに乗っていたら楽しかった」と笑い、園田・姫路競馬を盛り上げたい熱い思いを13時間以上も飲みながら語り明かしたこともあったとか。

馬ニアックな世界

▲2014年の大晦日まで全国リーディング争いを繰り広げた田中学騎手(左)と木村健調教師(当時騎手、右)は小学生の頃からの幼馴染で、かつての戦友です


 しかし、木村騎手は腰が限界を迎え、昨年、志半ばで騎手を引退。調教師として新しい道を歩みはじめました。そして今年6月12日、木村厩舎×田中騎手は初コンビを組み、惜敗続きだったエイシンレガシーで7馬身差の完勝。コンビ初勝利を挙げました。

 幼馴染であり、かつての戦友をお互いにどう思っているのでしょうか。兵庫を代表する2人の物語をみていきましょう。

馬ニアックな世界

▲兵庫を代表する2人の物語をみていきましょう!


「俺らが盛り上げていかないとな!」と誓い合った言葉


 田中騎手が生まれたのは1973年、木村騎手は1975年に生まれました。田中騎手の父は“園田の帝王”と呼ばれた道夫騎手(現調教師)。木村騎手の父も元騎手で、紀三井寺競馬場が廃止になった後は兵庫でも騎乗し、引退後は厩務員として働いています。

 2人は2学年違いですが、木村騎手が小学校1年生の時に紀三井寺から園田競馬場に引っ越してきて同じ学校に。互いのことを「タケ」「学くん」と呼び合い、「しょーもない遊びばっかりしていました(笑)」と田中騎手が笑えば、「ずっと一緒に遊んでいましたね」と木村騎手も懐かしみます。

 地方競馬教養センターを経て・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

大恵陽子

競馬リポーター。競馬番組のほか、UMAJOセミナー講師やイベントMCも務める。『優駿』『週刊競馬ブック』『Club JRA-Net CAFEブログ』などを執筆。小学5年生からJRAと地方競馬の二刀流。神戸市出身、ホームグラウンドは阪神・園田・栗東。特技は寝ることと馬名しりとり。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す