netkeiba.com

調教師転身を決めた永島太郎騎手の親子三世代にわたる物語

2019年07月30日(火) 18:00

馬ニアックな世界

▲昨年通算2000勝を達成し、今年8月からは調教師に転身する永島太郎騎手


父、僕、娘――それぞれの立場での思いを胸に「騎手」という職業に向き合ってきた男性がいます。園田・姫路競馬の永島太郎騎手(45歳)。1990年代後半には小牧太騎手、岩田康誠騎手(ともに現在はJRA)に次ぐ“第3の男”と言われ、リーディング上位を賑わせました。

昨年には自身を騎手の道に導いた父と約束した通算2000勝も達成。嬉しい報告となるはずが、父はその直前に他界しました。一方で、次女・まなみさんは父である永島騎手の背中を見て騎手を志しています。そして永島騎手自身は8月1日付で調教師に転身。一つの区切りを前に、親子三世代にわたる物語を見ていきましょう。


破天荒な理由で地方騎手に


 京都府出身の永島太郎騎手(兵庫)は幼い頃、父に連れられてJRA京都競馬場に行っていました。

「いま思えば返し馬なのですが、目の前を馬が走っていくのを間近で見て、カッコイイなって思いました」

 身長も低かったことから、騎手を目指します。しかし、JRA競馬学校の試験に向かう道中で将来を左右する出来事が起きました。

「一緒に来ていた父が『これから3年間は食べられなくなるだろうから、食べなさい』って言って、僕はバカ食いしてしまったんです」

 親からすれば、成長期の我が子が好きな時に好きな物を食べられなくなることが不憫だったのでしょう。その言葉に永島騎手も応え食べたものの、試験では体重オーバー。

「その場で帰されました。僕も一番大切な体重に対する考えが甘かったです。父のせいではないです。こんな破天荒な理由で不合格になる人なんて、いないですよね(苦笑)」

 今となっては笑い話ですが、「父は自分のことを責めたと思う」と話します。

 その後、地方競馬教養センターを受験し、合格。地元から近い園田・姫路競馬で1991年にデビューすると・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

大恵陽子

競馬リポーター。競馬番組のほか、UMAJOセミナー講師やイベントMCも務める。『優駿』『週刊競馬ブック』『Club JRA-Net CAFEブログ』などを執筆。小学5年生からJRAと地方競馬の二刀流。神戸市出身、ホームグラウンドは阪神・園田・栗東。特技は寝ることと馬名しりとり。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す