netkeiba.com

93年皐月賞馬ナリタタイシンのいま(3)「目指せ!」GI馬の最長寿

2019年07月30日(火) 18:00

第二のストーリー

▲スタッフの森脇さんと一緒に取材を受ける(?)ナリタタイシン(C)netkeiba.com


タイシンにできた新たな目標!?


「ここに勤め始めて15年くらいになります」と話すのはベーシカル・コーチング・スクールのスタッフ、森脇仁志さんだ。

「僕がこの牧場に就職した時には、タイシンはいましたからね。ここでは僕の先輩なんです」(森脇さん)

 16時前に放牧地から馬房に戻ったタイシンは、森脇さんに何かを訴えるような表情でじっと見ている。「僕だと認識してくれていると嬉しいですね」と話をしていた森脇さんだが、タイシンの挙動を観察していると、ちゃんと認識した上での行動のように感じた。

「いつもは馬房に戻って来るとご飯なのですが、今日は時間が少し早かったので、ちょっと疑問に思っているのだと思います(笑)」(森脇さん)

 29歳と高齢ではあるが、毛ヅヤも良くて健康状態は至って良好に見受けられたが、体調が落ちた時期もあったという。

「2年前くらいに、馬体も寂しくなって精神的にも元気がなくなりました。そろそろ限界なのかなと考えながら世話をしていました。その当時は放牧地に入れてもゆっくり歩いていって、砂浴びは好きだったのでそれはしていたのですけど、やはり年齢を重ねるとこのような状態になってしまうのかなと思っていました。それが今年に入ったあたりから、元気さを取り戻してきて、今では放牧に出すと若い頃を彷彿とさせるような感じで自分からダーッと走っていきます。そしてゴロンゴロン砂浴びをして、ちょっと走ったら草を食べています」(森脇さん)

第二のストーリー

▲放牧地から帰る途中もついつい道草を…(C)netkeiba.com


 ご飯の時間帯もすっかりわかっていて、その時間になると放牧地の出入り口の周辺で、迎えをずっと待っている。

「人の姿が見えたら、鳴いて呼ぶんです。人は好きだと思いますし、頭も良いです。体調が落ちる前までは・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

  • 3 / 3

関連情報

関連カテゴリ

佐々木祥恵

北海道旭川市出身。少女マンガ「ロリィの青春」で乗馬に憧れ、テンポイント骨折のニュースを偶然目にして競馬の世界に引き込まれる。大学卒業後、流転の末に1998年優駿エッセイ賞で次席に入賞。これを機にライター業に転身。以来スポーツ紙、競馬雑誌、クラブ法人会報誌等で執筆。netkeiba.comでは、美浦トレセンニュース等を担当。念願叶って以前から関心があった引退馬の余生について、当コラムで連載中。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す