netkeiba.com

9年ぶり5頭目の北海道三冠

2019年08月06日(火) 18:00

さまざまな記録が達成された三冠でもある


 ホッカイドウ競馬で9年ぶり史上5頭目の三冠馬が誕生した。8月1日の王冠賞を制したリンゾウチャネルだ。

 リンゾウチャネルのここまでの二冠は、北斗盃、北海優駿とも2着に3馬身差をつける完勝。しかもホッカイドウ競馬の冬季休催が明けてからの3歳シーズンは、その二冠を含め4戦全勝という成績。迎えた三冠目の王冠賞にはこれといった新興勢力もなく、単勝は1.1倍。三冠はほぼ確実かという期待を背負っての出走となった。しかしゴール前、シベリアンプラウドにクビ差まで詰め寄られ、ぎりぎりのところでの三冠達成だった。これについてはまた後で触れる。

王冠賞を制して北海道三冠を達成したリンゾウチャネル


 現在は門別競馬場での単独開催となっているホッカイドウ競馬だが、かつては札幌、旭川、岩見沢、帯広などの競馬場で開催され、3歳三冠もさまざまに競馬場や距離を変えて行われてきた。歴代三冠馬の足跡は以下のとおり(各レース名の右は、日付・競馬場・距離)。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

斎藤修

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す