【横山武史×藤岡佑介】第3回『アメリカンからヨーロピアンへ 外国人騎手が影響を与えた追い方』

2019年08月07日(水) 18:02

with 佑

▲アメリカンからヨーロピアンへ、武史騎手のフォームの変化とは (撮影:山中博喜)

横山武史騎手をゲストにお迎えしての「with 佑」。今回は武史騎手のフォームにスポットをあてます。トレーニングからガラリと変えてフォームの改革に取り組んだという武史騎手。アメリカンスタイルからヨーロピアンスタイルへ、そこにはO.マーフィー騎手やD.レーン騎手など、外国人騎手の影響を色濃く受けていると言います。最終目的地は“二刀流”!? フォームの究極の理想形をふたりで語り合います。

(取材・文=不破由妃子)

「武史のようにフォームを変えられた若い子たちはスゴイ」

──トレーニングからガラリと変えてフォームの改革に取り組まれたとのことですが、ヨーロピアンの乗り方というのは、それまでとは具体的にどう違うのですか?

武史 まず、リズムが全然違うんです。それまで鐙を踏んで追っていたものが、ヨーロピアンでは膝支点になるので。例えるなら、右回りに回っている洗濯機の水を左回りにするくらい違います。

佑介 なるほど。そのリズムの違いは大きいよな。

武史 そうなんです。人間の動き自体が逆回転なんですよね。だから、最初は何から変えていけばいいのかわからなくて、とりあえず膝を締めて、(膝から下を)ぶらしてみるかと。

 最初はタイミングに関係なくぶらしていたので、馬の動きとまったく合わなかったんですけど、年明けくらいから徐々にリズムが合ってきた感じですね。

with 佑

▲武史騎手「年明けくらいから徐々にリズムが合ってきて」 (撮影:山中博喜)

──膝支点ということでいえば、佑介さんの追い方も近いのでは?

佑介 いや〜、何とも言えませんね。膝は締めているけど、鐙も踏んでいるので、決して支点ではないですし。武史の場合は鐙じゃないんだもんな。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムをお気に入り登録する

このコラムをお気に入り登録する

お気に入り登録済み

バックナンバーを見る

質問募集

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

「with 佑」とは

JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

藤岡佑介

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

関連情報

新着コラム

コラムを探す