netkeiba.com

堅実性と大物感を併せ持つミスビアンカ

2019年08月14日(水) 12:00

●サトノジヴェルニー(牡 栗東・音無秀孝 父Siyouni、母Bal de La Rose)

 ダルマイヤー賞(独G1・芝2000m)、ラクープ(仏G3・芝2000m)などを制したDanceteriaの半弟。母Bal de La Roseは名種牡馬Lope de Vega(10年仏ダービー-G1、10年仏2000ギニー-G1)の半姉にあたる良血で、現役時代、フランスでアンドレバボワン賞(仏G3・芝2000m)を勝った。これにSiyouniを掛けて誕生したのが本馬。

 父は現役時代にジャンリュックラガルデール賞(仏G1・芝1400m)を勝ち、種牡馬としてはSottsass(19年仏ダービー-G1)、Ervedya(15年仏1000ギニー-G1、15年コロネーションS-英G1、15年ムーランドロンシャン賞-仏G1)などを出して成功している。18年の仏サイアーランキングでは第2位。19年は現時点で首位を走っている。本馬はPivotalやMachiavellianなど日本向きの血が入り、Mr.Prospector 5×5。日本の芝にも対応可能だろう。距離はマイル前後が良さそうだ。

●サマーエモーション(牝 栗東・大久保龍志 父Dubawi、母Midsummer Fair)

 3代母ストームソングは96年のブリーダーズCジュヴェナイルフィリーズ(米G1・ダ8.5f)の勝ち馬で、2代母ストロベリーフェアはイギリスで5戦して2着が最高着順だったが、良血を活かして繁殖牝馬として成功。本馬の母ミッドサマーフェアを産んだ。ミッドサマーフェアはフローラS(GII)を勝ったほかクイーンS(GIII)で3着と健闘した。引退後、ハーツクライを種付けしてイギリスへ渡り、初仔ミッドサマーハウス(現1勝)を産んだ。本馬は2番仔。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す