netkeiba.com

【動画メッセージ】仏の美人ジョッキー M.ミシェル騎手「日本に戻ることをお約束します!」

2019年09月29日(日) 18:02


今年の「ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)」で、1位の川田将雅騎手、2位のC.ルメール騎手に続き、堂々3位タイとなったミカエル・ミシェル騎手。初来日での活躍ぶりに、日本のファンも歓喜しました。

フランスに戻ったミシェル騎手から日本のファンへ、動画メッセージが届きました。さらに、本文ではノーカット版のインタビューをお届けします。併せてお楽しみください!

(取材・訳・写真=高橋正和)


「I am Mickaelle Michel, French jockey.」


――いつから騎手になりたいと思いましたか?

ミシェル 馬に乗り始めたのは10歳の頃です。家族は馬関係ではありませんでした。14歳の時に両親に連れられて初めて競馬場に行って、レースを見た時に「騎手になりたい」と思いました。“馬”と“競走”というものに情熱を感じたからです。

 それから競馬学校に入学して見習いを3年間、19歳(2014年)でプロデビューしました。

――昨年は“72勝”を挙げて、フランス女性騎手の勝利数レコードを更新。この活躍をどう感じていますか?

ミシェル とても素晴らしいことでした。たくさんの仕事をこなし、多くの調教師のサポートをいただいたおかげです。

今週のface

▲フランスで騎乗するミシェル騎手


今週のface

▲レースでは迫力ある姿を披露


――そして、今年のWASJ(札幌)での大活躍! ミシェル騎手にとってどういう体験でしたか?

ミシェル 日本で活躍できて、私はものすごく感激しました。本当にこれまでと違うものでした。沢山のファンの皆様の応援がありました。あなた方と馬の関係者の皆様が、とても素晴らしかったです。

――“日本に恋をしました”と言って下さいました。どういうところが好きですか?

ミシェル はい、私は日本に恋をしました。街は美しく、食事は美味しく、人々がとても素敵です。レースは本当に素晴らしかったです。JRAも組織として完璧でした。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

netkeiba特派員

ジョッキーや調教師など、毎週“旬”な競馬関係者にインタビュー。netkeiba特派員がジョッキーや調教師、厩舎スタッフなど、いま最も旬な競馬関係者を直撃。ホースマンの勝負師としての信念から、人気ジョッキーのプライベートまで、ここだけで見せてくれる素顔をお届けします!

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す