netkeiba.com

フーラブライドの初仔ブライドグルーム

2019年11月06日(水) 12:00

●ショウナンハリマオ(牡 美浦・国枝栄 父キズナ、母ショウナンマライア)

 ショウナンワダチ(14年ニュージーランドトロフィー-GII・2着)、ショウナンバーキン(3勝クラス/父フジキセキ)、ショウナンサリュー(2勝クラス/父キングカメハメハ)の下。

 父キズナは現2歳世代が初年度産駒で、11月第1週終了時点で収得賞金が3億円を超えた。これは歴代の新種牡馬のなかで最速記録。残り2ヵ月弱でどこまで賞金を上積みできるか興味深い。

 本馬と同じ「キズナ×クロフネ」はアイビーS(L)2着のクリスティ、アルテミスS(GIII)7着のショウナンハレルヤが出ている。芝・ダート兼用の中距離タイプ。

●トーホウラデン(牡 栗東・高橋亮 父ハービンジャー、母トーホウアマポーラ)

 母トーホウアマポーラは現役時代にCBC賞(GIII)を勝ったスプリンターで、半弟に菊花賞(GI)をレコード勝ちしたトーホウジャッカルがいる。トーホウアマポーラはミルレーサー≒Gana Facil 2×4という組み合わせのクロスを持っている。

 Unbridled's Song、Nureyevと母方に入って成功している血を抱えているので・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す