【ユーザー質問】イタリアの大先輩デットーリ騎手から「アナタの家に泊まります」

2019年11月19日(火) 18:02

「Road to No.1」

▲イタリアの大先輩デットーリ騎手からのラブコール!? (C)netkeiba.com


今回のテーマは「ユーザー質問」。たくさんいただいた質問の中から、2つをピックアップします。1つ目は「ミルコ騎手のゲン担ぎ」について。イタリアならではの慣習を教えてくれました。

そして2つ目は「巧いと思う若手騎手」について。ライバル心をそそられる若手騎手の名前を挙げていくなかで、短期免許の外国人騎手の話に。来日間近のデットーリ騎手との同居話が飛び出しました。

(取材・文=森カオル)


Q1「ミルコ騎手は、GIを短期間でポンポンと勝たれるなど、勢いが出ると止まらないという印象があります。ミルコ騎手自身、何か調子のバロメーターや、ゲン担ぎなどを意識されることはありますか?」(おぐねりあんさん)


──ゲン担ぎを説明しますと……

ミルコ 僕、ゲン担ぎわかるよ! そういうの、すごく気にするタイプだから。たとえば競馬でアンラッキーが続いたときは、ブーツやジョッキーパンツ、ヘルメットとかムチも替えるし。

──逆に、調子がいいときは替えないんですか?

ミルコ 替えないというより、替えづらい。ジョッキーパンツとか汚いのは嫌だけど…、そこは仕方ない(笑)。あと、ゲン担ぎで鉄を触ります。

──鉄を触る!?

ミルコ そう。イギリス人は、keep bad luck away(不運を近づけない)で木を触るんだけど、イタリア人は同じ意味で鉄を触るんです。だから、僕にとって馬の蹄はluck item。ゲートの鉄(柵)もけっこう触ってます。「keep bad luck away、お願いします!」って。

 僕、朝起きたときに、ベッドの左から下りるか、右から下りるかもけっこう気にする。なんか気分が変わるんです。それで何かが変わるわけではないけど、直感的に「今日は左かな?」みたいな感じで。あと神社にもよく行きます。神社は大好きです。

──調子のバロメーターについては、何か意識されていることはありますか?・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

質問募集

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

関連情報

関連カテゴリ

ミルコ・デムーロ

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す