netkeiba.com

【M.ミシェル騎手】2日間の滞在を終え帰国「ジャパンCを見ることができて本当に良かった」

2019年11月26日(火) 18:01

今週のface

▲東京観光で訪れた東京タワー、ミシェル騎手の自撮り写真 (提供:ミカエル・ミシェル騎手)


ジャパンC観戦のため、24日(日)に東京競馬場を訪れたフランスのミカエル・ミシェル騎手。2日間という短い滞在でしたが、予想以上の注目度に驚きながらも、日本の競馬ファンの熱気と優しさをたくさん感じられ、とてもうれしかったと言います。帰国直前のミシェル騎手にメッセージをいただきました。

(取材・文=高橋正和)


 ジャパンCを見るために東京を訪れていたフランスのミカエル・ミシェル騎手が、23日(土)の夜から25日(月)の夜までという短い滞在を終え、25日夜、羽田空港から帰国した。

 日曜の東京競馬場では、競馬場到着直後、午前中から各社の取材依頼が殺到し、世話役のJRA職員も大わらわの状態に。

 即席の記者会見にも笑顔で応対し、来年取得を希望しているJRAの短期免許や、日本語の勉強を始めるなど、試験の準備を開始しているJRAの通年免許への思いを語った。

 来日している海外のメディアからは、競馬場ファンエリアでの撮影を依頼され、多くのファンと触れ合う一幕もあった。

 また、ジャパンCで優勝したスワーヴリチャードのオーナーは、ミシェル騎手が今夏札幌のワールドオールスタージョッキーシリーズで騎乗して勝利したスワーヴアラミスの馬主でもあるため、祝福の輪に加わることができた。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

netkeiba特派員

ジョッキーや調教師など、毎週“旬”な競馬関係者にインタビュー。netkeiba特派員がジョッキーや調教師、厩舎スタッフなど、いま最も旬な競馬関係者を直撃。ホースマンの勝負師としての信念から、人気ジョッキーのプライベートまで、ここだけで見せてくれる素顔をお届けします!

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す