netkeiba.com

デビュー戦の距離とPOG期間内成績(須田鷹雄)

2019年12月03日(火) 18:00

短距離タイプはかなり不利になっている?


 今週の阪神JFではレシステンシア、来週の朝日杯FSではタイセイビジョンといった馬が、距離延長・初距離でGIに挑む。

 これらの馬がどういう結果を出すかはそれぞれの個体の問題だが、事前予想をしていてふと思ったのが、デビュー距離ごとのPOG期間内成績だ。

 POGの対象期間は距離が長めのレースにより大きい賞金が付いている。一方で短距離タイプには新馬・未勝利の番組数が多いという利点がもともとはあったのだが、昭和の時代に比べていまは1800m以上の比率が増えている。ということは、短距離タイプはかなり不利になってはいないだろうか。

 ドラフトのある一般のPOGで・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

赤本取材班

須田鷹雄+取材班が赤本紹介馬の近況や有力馬の最新情報、取材こぼれ話などを披露します!

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す