「海外GI年間最多勝」も露呈した課題 日本は何をしてこなかったのか?

2019年12月23日(月) 18:02

教えてノモケン

▲香港Cを制し、香港GI2勝目となったウインブライト陣営 (撮影:高橋正和)


 12月8日の競馬は、国内外とも話題の多い日となった。国内メーンの阪神JFではレシステンシアが鮮やかに逃げ切り、無敗の3連勝でGI制覇。ノーザンファーム(NF)生産馬はGIの連勝記録を8に伸ばし、年間でも17勝と昨年の最多記録を更新した。

 中山では藤田菜七子騎手(22)がGIIIのカペラSをコパノキッキングで圧勝し、騎乗23回目にして中央重賞を初制覇。女性騎手が中央の平地重賞を勝ったのは史上初だ。

 この2つに比べて、日本調教馬が1日にGI3勝の荒稼ぎを演じた香港国際競走のインパクトはどの程度だったか。1日GI3勝は2001年のGI3戦全勝以来18年ぶりだが、今年はそれまでに海外GIを5勝。「また勝ったか」と思う人がいてもおかしくない。

 実際には、今年3月にアーモンドアイがドバイ・ターフを勝つまで、日本馬は約1年11カ月も海外GI勝利から遠ざかっていた。巡り合わせもあり、競馬で勝つのは簡単ではない。ただ、今年の日本馬が残した成果は、そのまま日本競馬の現住所、さらには残された壁の高さを物語る。

国内GI未勝利馬が2勝


 今年は香港の緊迫した政治情勢が半年も続き、国際競走にも影を落とした。欧州勢がGI4戦で計10頭。前年より4頭少なかった。その分、主催者側の日本馬への期待は大きかっただろう。

 当初はアーモンドアイが参戦する予定だったが、出発直前に微熱で遠征を取りやめ、それに先だってオークス馬ラヴズオンリーユーも断念。当初の11頭から9頭に減ったが、それでも主催者の期待には十分に応えるデレゲーションだったことは確かだ。

 結果は芝1200mの「スプリント」を除いてGIを3勝。01年は同レースがGIに昇格する前で文字通り「スウィープ」だったが、それ以上に特徴的なのは今回の内容。

 芝2400mの香港ヴァーズで、GI未勝利のグローリーヴェイズが優勝。中位追走から、直線で日本のラッキーライラックが一度抜け出しかけた時点で、ジョアン・モレイラがタイミング良くスパート。一気に後続を振り切り、ラッキーライラックに3馬身半差をつけた。3着がエグザルタントでその後に日本のディアドラが追い込み、あわや日本馬が馬券圏内を独占かと思わせた。

教えてノモケン

▲国内GI未勝利ながら、香港ヴァーズを勝利したグローリーヴェイズ (撮影:高橋正和)


 芝2000mの香港Cは、日本から唯一の参戦となったウインブライトが、エイダン・オブライエン厩舎(アイルランド)のマジックワンドに競り勝ち、4月末のクイーンエリザベスII世C(QEII)に続き香港GIを2勝目。同馬も国内GI未勝利だ。

海外GI43勝中19勝の金城湯池


 この結果、今年の日本馬の海外GI8勝のうち、4勝が国内GI未勝利馬によるタイトルとなった。グローリーヴェイズ、ウインブライトのほか、豪州GI・コーフィールドC(芝2400m)をメールドグラースが勝った。

 香港での3勝のうち、国内GI勝ち馬は「マイル」(芝1600m)のアドマイヤマーズだけだった。同レースは日本勢がGI馬4頭の強力な布陣で臨んでおり、層の厚い地元勢を相手に勝ち切った価値は高い。昨年圧勝のビューティージェネレーション(セン7)に衰えが見えていたとはいえ、史上初の3歳での同レース制覇である。年明けに発表されるレーティングも、相当に上がる可能性がある。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

コラムテーマ募集

このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。

関連情報

関連カテゴリ

野元賢一

1964年1月19日、東京都出身。87年4月、毎日新聞に入社。長野支局を経て、91年から東京本社運動部に移り、競馬のほか一般スポーツ、プロ野球、サッカーなどを担当。96年から日本経済新聞東京本社運動部に移り、関東の競馬担当記者として現在に至る。ラジオNIKKEIの中央競馬実況中継(土曜日)解説。著書に「競馬よ」(日本経済新聞出版)。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す