netkeiba.com

砂の名牝サンビスタの初仔サンジョアン

2019年12月25日(水) 12:00

●サンジョアン(牝 栗東・角居勝彦 父ルーラーシップ、母サンビスタ)

 母サンビスタはチャンピオンズC(GI)、JBCレディスクラシック(JpnI)など6つのダート重賞を制した名牝。

 2代母ホワイトカーニバルはフェアリーS(GIII・芝1200m)の勝ち馬、3代母イエローブルームは報知杯4歳牝馬特別(GII・芝1400m)2着と、2代連続で芝重賞で実績を残しているが、それぞれの父がミシル、パークリージェントとダートテイストの強い種牡馬だったので、母の父スズカマンボの適性と相まって母サンビスタはダート向きに出た。

 本馬はその初仔。父ルーラーシップはメールドグラースやキセキなどの父で、芝の実績に優れているが、本馬は母が砂の名牝だったので、アディラート、アドマイヤビクター、ダンツキャッスルのようにダート向きに出る可能性がある。距離は1600m以上が良さそうだ。

●スペードエース(牡 栗東・友道康夫 父ワールドエース、母ハルーワソング)

 4分の3兄にフレールジャック(11年ラジオNIKKEI賞-GIII/父ディープインパクト)、マーティンボロ(14年中日新聞杯-GIII、14年新潟記念-GIII/父ディープインパクト)がいるほか、半姉ハルーワスウィート(3勝クラス)は名繁殖牝馬となり、ヴィルシーナ(13、14年ヴィクトリアマイル-GI・2回)、シュヴァルグラン(17年ジャパンC-GI)、ヴィブロス(17年ドバイターフ-G1、16年秋華賞-GI)の母となった。

 2代母Morn of Songは名種牡馬Rahyの全妹。本馬の父ワールドエースは現2歳の初年度産駒からオータムレッド(19年アルテミスS-GIII・5着)など8頭の勝ち馬を出し、上々のスタートを切っている。

 本馬を産んだとき母は21歳と高齢だったが、フレールジャックやマーティンボロの4分の3弟でもあり、期待の持てる良血馬だ。芝向きのマイラー。

●タガノグランサム(牡 栗東・鮫島一歩 父キングカメハメハ、母タガノグラマラス)

 ファルコンS(GIII)を勝ったタガノグランパ(父キングカメハメハ)の・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す