【松山弘平×藤岡佑介】後編『二冠を懸けてオークスへ! 今のデアリングタクトに必要なこと』

2020年05月20日(水) 18:02

with 佑

▲松山騎手が語る落馬時の対応と、デアリングタクトの課題 (C)netkeiba.com


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、競馬場やトレセンでの取材規制が今なお続いています。そこで今回はスタッフの同行なし、佑介騎手と松山騎手ふたりきりでの対談を実施しました。

桜花賞を制し、春のGI戦線にいい形で突入した松山騎手。しかし4月26日の京都1R、6頭が競走を中止する大きな落馬事故に巻き込まれてしまいます。幸い大事には至らず、1週間の休養で実戦復帰。牝馬二冠が懸かるオークスを前に、直前の心境を語ります。

(構成=不破由妃子)

※この対談は佑介騎手と松山騎手ふたりだけで、出来るだけ短時間で行いました。


「弘平は大事なレースが続くから、めっちゃ心配した」


佑介 桜花賞を勝って、さぁ次はオークスというところで落馬があって(4月26日・京都1R)。正直、落ちた瞬間、どう思った?

松山 落ちた瞬間は全然大丈夫だったんですよ。だから、「頼む!」って祈りながら頭を守って。

佑介 蹴られんようにって祈ったわけや。

松山 そうです、そうです。でも、頭を守った瞬間、ボーンと蹴られて。そのあとは悶絶していました…(苦笑)。まぁ意識はありましたし、ただただ痛かったというだけで。結果的に1週だけ休むことにはなりましたけど、幸い大きなケガではなかったので、ホッとしました。

佑介 かなり派手な落馬やったし、弘平は大事なレースが続くことがわかっていたから、みんなめっちゃ心配してた。でも、落馬したときの対処を見ていても、すごく落ち着いてたよな。落ちたあと、ちゃんと丸まってジッとしてたやん。あそこでもし大の字になっていたら、踏まれていたかもしれないし。丸まったぶん、ポコッと蹴られただけで済んだ。

松山 いやぁ、ホントにそうです。危なかったですよね。そういえばあのレース、佑介さんが勝ったんですよね。あれ、落馬がなかったら僕が勝ってたんちゃうかなと思ったり(笑)。

佑介 アハハハ! 確かに手応えがよかったから外に行こうとしたんやもんな。

松山 そうですね。外に行こうとした瞬間でした。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

  • 2 / 2

質問募集

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

「with 佑」とは

JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

関連情報

関連カテゴリ

藤岡佑介

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す