「100頭に1頭でもいいので!」久々の矢作厩舎とのタッグの裏話

2020年06月30日(火) 18:01

今週の『太論』は、11番人気の低評価ながら、熾烈な3着争いに加わったニホンピロランド(5着)のレース回顧からスタート。そして、同日6Rのメートルエロー(13着)は、約2年ぶりとなる矢作厩舎とのタッグでしたが、その舞台裏には小牧騎手のある行動が…。「60歳まで乗り続けたい」と熱く語る小牧騎手、改めてその決意を語ってくれました。(取材・文:不破由妃子)

※このインタビューは電話取材で実施しました。

川須騎手がいきなり…『も〜、やんなっちゃう!』

──先週土曜日の阪神8R(3歳上1勝クラス・ダ1200m)に出走したニホンピロランドですが、3着スパニッシュフライとはコンマ1秒差の5着(11番人気)。最後は際どかったですね。

小牧 ちょっと引っ掛かってしまったねぇ。とはいえ、3着まではもうちょいやった。最後はああやって伸びてくるんやけどなぁ。今回はね、ペースが合わんかった。前回、前について行って止まってしまったから、今回はもともとジックリ乗ろうと思ってたんやけど、今度は逆に前の馬の流れになってしまって。脚は使ってるんやけどなぁ。やっぱり3着はほしかったわ。

──以前から「あの馬は走るわ」と期待されていた1頭ですものね。昇級後は7着→6着→5着ときていますが、その評価に変わりはないですか?

小牧 うん。いつも人気はないけど、僕はこの馬は勝てると思って乗ってる。なんとか上手く乗ってね、早い段階で結果を出したい1頭やね。ホントは・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムをお気に入り登録する

このコラムをお気に入り登録する

お気に入り登録済み

バックナンバーを見る

質問募集

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

小牧太

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

関連情報

新着コラム

コラムを探す