ウィズコロナとウィズリンギング

2020年07月09日(木) 12:00

 4月ぐらいから、キーンという高音の耳鳴りがずっとつづいている。気になるので、耳鼻科に行ってきた。耳や鼻、口のなかを診てもらったほか、聴こえ方や耳の圧力などを検査した結果、鼓膜も綺麗で中耳炎などでもなく、それほど心配しなくてもいいとのことだった。検査結果のグラフを見ると、高音が聴こえづらくなっているようだが、年齢的に珍しくない下がり方だという。原因は加齢やストレスだと思われる――というものだらけになってきた。

 今も、スズムシの声より細くて高い連続音が、特に右耳からずっと聴こえている。

 2月の終わり、四位洋文調教師の騎手引退式を取材したときは、ときおり耳鳴りがする程度だった。それは、あくびをするように耳抜きをすればおさまった。

 4月の初め、大阪杯を取材したときも、今ほどではなかった。競馬場に行ったのはあれが最後だから、私の耳鳴りは、競馬場に行かなくなったころから悪化したようだ。

 だからといって、また競馬場に行くようになれば良化するという単純なものでもないだろう。それでも、入場の解禁日が待ち遠しい。

 競馬場は、差し当たって今月19日までの無観客開催が発表されている。が、今週末から一部のウインズとJ-PLACEで、発売内容と営業時間を制限して「発売・払戻」が再開されるという。

 今週末からの売上げは、ネットと電話投票のほか、釧路、津軽、横手、米子、佐世保、八代、宮崎のウインズと、中標津、くしろ(Aiba)などのJ-PLACEのそれを合計したものになるわけだ。発売されるのは、メインレースと前日発売レースのみということだが、コロナ禍に見舞われてから初めての解禁なのだから、「ウィズコロナ」における一歩前進であることは間違いない。

 プロ野球が開幕してから3週間になろうとしている。無観客競馬は今週が20週目だ。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムをお気に入り登録する

このコラムをお気に入り登録する

お気に入り登録済み

バックナンバーを見る

島田明宏

作家。1964年札幌生まれ。ノンフィクションや小説、エッセイなどを、Number、週刊競馬ブック、優駿ほかに寄稿。好きなアスリートは武豊と小林誠司。馬券は単複と馬連がほとんど。ワンフィンガーのビールで卒倒する下戸。著書に『誰も書かなかった武豊 決断』など多数。『消えた天才騎手 最年少ダービージョッキー・前田長吉の奇跡』で2011年度JRA賞馬事文化賞、小説「下総御料牧場の春」で第26回さきがけ文学賞選奨を受賞。netkeiba.com初出の小説『絆〜走れ奇跡の子馬〜』が2017年にドラマ化された。最新刊は競馬ミステリー『ノン・サラブレッド』。

関連サイト:島田明宏Web事務所

関連情報

新着コラム

コラムを探す