ニホンピロランド待望の2勝目!「やっとあの馬の走りを見せられた!」

2020年07月21日(火) 18:01

先々週のセレッソフレイムに続き、2週連続の勝利! しかもパートナーは、ずっと「勝てる」と言い続けてきたニホンピロランドだけあって、小牧騎手の喜びもひとしおです。今回はじっくりとレースを振り返りながら、ニホンピロランドの強さと課題、将来性に迫ります!(取材・文:不破由妃子)

※このインタビューは電話取材で実施しました。

ゴール後、2着の川須騎手に…「ごっつぁんです!」

──2週連続の勝利、おめでとうございます! しかも、ずっと前から期待していて、「勝てる」と言い続けてきたニホンピロランドでの勝利。特別な思いがあるのでは?

小牧 うん。やっとね、あの馬の走りをみんなに見せられたなと思って。僕の言葉が嘘じゃないっていうことも証明できたしね。ホントはあれくらい走れる馬やねん。

──それにしても強かったです。

小牧 強かった! 1400mはちょっとしんどいかなぁと思ってたんやけどね。前がちょっと速くなって、流れがドンピシャで向いたわ。

──では、さっそくレースを振り返っていきたいんですけど、今回は最初からジックリ構えるプランで。

小牧 うん。1400mは長いと思っていたので、折り合い重視で乗っていこうと思ってた。隣の枠に北村友一くんがいたでしょう(ティートラップ・3番人気5着)。人気していたし、好位に行くやろうと思っていたから、その馬を見ながら競馬をしようと思ってたんやけど、北村くんの馬が思ったほど進んでいかなくて。結局は北村くんの後ろになったけどね。考えていたよりは後ろになった感じやな。

──レース後のコメントで、「前半の芝がよかった」とおっしゃっていましたよね。スタート後の芝部分でリズムをつかんだ感じですか?

小牧 いや、芝の走りがよかったわけではなくて、芝が苦手だから折り合いがついたんかなと思ったりしてた。

──なるほど! てっきり逆だと思ってました。芝の走りがよかったから、スムーズにリズムに乗れたのかと。

小牧 逆やで。リズムに乗れなかったから、折り合いがついたんですわ。いつもすごく行きっぷりがよくて、1000mのレースでも力んで走るような馬やけど、今回はスムーズやったやろ? つまり、芝が合わなかったのがよかったっていうことや。4コーナーで狭いところに入っていったときに、一瞬掛かり気味になったけどね。

──前が壁になるシーンがありましたね。でも、外に出すタイミングをじっくり計って。

小牧 うん。手応えは抜群だったからね。前が離れていたから「どうかな…」と思ったけど、・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムをお気に入り登録する

このコラムをお気に入り登録する

お気に入り登録済み

バックナンバーを見る

質問募集

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

小牧太

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

関連情報

新着コラム

コラムを探す