【愛知杯予想】波乱模様の牝馬限定ハンデ戦 最近はロベルトの血を引く馬が活躍

2021年01月11日(月) 18:00

20年は小倉での施行だったが、通常は中京芝2000で行われる牝馬限定のハンデ戦。中京で行われた16〜19年の4年のデータでいうと、1人気[1-1-1-1]2人気[0-0-0-4]3人気[0-0-0-4]となかなか波乱模様。19年は2着ノームコア(父ハービンジャー)と3着ランドネ(父ブレイム)、18年は1着エテルナミノル(母母父リアルシャダイ)と2着レイホーロマンス(父ハービンジャー)と、最近はロベルトの血を引く馬の好走が目立つ。取り上げた5頭のなかでは、ウインマイティー(父ゴールドシップ)とマジックキャッスル(母父シンボリクリスエス)がロベルトの血を引く。(解説:望田潤)

ウインマイティー

 母アオバコリンはTCK女王盃3着など交流重賞で活躍した。近親に愛1000ギニー2着ジュリーラルースなど。父ゴールドシップは現3歳が2世代目の産駒でブラックホール、ユーバーレーベン、サトノゴールドなどを出している。母父がアリダー系カコイーシーズだから、ステイゴールド×カコイーシーズのナカヤマナイトと似た配合で、外回りで差すより内回りで捲る血統。ここは時計や上がりのかかる馬場になってほしい。

距離○ スピード○ 底力○ コース○

シゲルピンクダイヤ

 ムーンリットレイク、ストーミーバローズ、ヒュッゲの姪で、母母ムーンライトダンスは愛インターナショナルS(愛G3・芝8F)勝ち。ダイワメジャー×ハイシャパラルはアマルフィコーストと同じだが、・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムをお気に入り登録する

このコラムをお気に入り登録する

お気に入り登録済み

バックナンバーを見る

望田潤

競馬ライター。血統評論家。育成牧場従業員を経て競馬通信社編集部に在籍、そこで笠雄二郎著「日本サラブレッド配合史」の影響を強く受ける。サイト「血統屋」「競馬道ONLINE」月刊誌「サラブレ」「ECLIPSE」などで血統に関するコラムや予想を執筆中。共著「パーフェクト種牡馬辞典2018-2019」も好評発売中で、馬主・生産者の配合アドバイザーも務める。ブログ「血は水よりも濃し」http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

関連情報

新着コラム

コラムを探す