意外と知らない!?「クロノジェネシスの父、バゴって一体どんな馬?」

2021年03月21日(日) 18:03

海外競馬通信

JBBA静内で種牡馬生活を送るバゴ(撮影:山中博喜)

近年では、来週ドバイシーマCに出走予定のクロノジェネシスや、今年の皐月賞に出走予定のステラヴェローチェなどを輩出したバゴ。種牡馬として名前は知っているけど、どんな血統背景を持ち、現役時代はいったいどんな馬だったのか? 合田直弘さんに解説していただきました。

父はデビューから無敗の6連勝を遂げたイギリスの名馬

 初年度産駒からいきなり、GI菊花賞馬ビッグウィーク、GI桜花賞2着馬オウケンサクラ、JpnIIIクイーン賞勝ち馬アクティビューティ、南関東重賞ハイセイコー記念勝ち馬ショウリュウと、多彩な活躍馬を出した後、重賞勝ち馬は散見されていたものの、大物の登場はなかった種牡馬バゴが、10世代目の産駒からクロノジェネシスという、いかにも父の面影を色濃く受け継いだ超大物を送り出した。日高で繋養されている芝の中長距離を本分とする種牡馬が、大ヒットを飛ばすというのは容易なことではなく、バゴという種牡馬の持つ潜在的水準の高さを改めて知らされることになった。 

海外競馬通信

10世代目で安定感抜群の超大物クロノジェネシスを送り出した(撮影:山中博喜)

 バゴは、仏国の名門ニアルコス家による生産馬で、母ムーンライツボックス(父ヌレイエフ)も、祖母クードジェニー(父ミスタープロスペクター)もニアルコス家による自家生産馬という、純度の高いニアルコス血脈を背景に持つ。母は未出走だったが、祖母はモルニー賞(芝1200m)、サラマンドル賞(芝1400m)という2つのG1を制した活躍馬だった。祖母の産駒に、G1マルセルブーサック賞(芝1600m)勝ち馬デネボラがいる。

 父は、シェイク・ハムダンの競馬組織シャドウェルによる自家生産馬で、ディック・ハーンが管理したナシュワン(父ブラッシンググルーム)だ。母が英2歳牝馬女王ハイトオヴファッションで、祖母が英千ギニーや仏オークスを制したハイクレアという、エリザベス女王の手による高貴な血脈を背景に持つのがナシュワンである。すなわち、ディープインパクトと同じ牝系の出で、ゆえに、ディープインパクト牝馬にバゴを交配すると、ハイクレアのインブリードが生じる。

海外競馬通信

ハイクレアのクロス(4×5)を持つステラヴェローチェ(撮影:下野雄規)

 ナシュワンは、デビューから無敗の6連勝で・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムをお気に入り登録する

このコラムをお気に入り登録する

お気に入り登録済み

バックナンバーを見る

netkeiba特派員

専属特派員による現地からの最新情報や、著名人によるレース展望・レポートなど、日本馬出走の海外ビッグレース情報をどこよりも詳しく、より早くお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

関連情報

新着コラム

コラムを探す