南関東競馬のルーキー、木間塚龍馬騎手と菅原涼太騎手

2021年04月19日(月) 18:00

 4月に入り、地方競馬でも各地でルーキーたちがデビューをしています。南関東競馬でも3人の騎手が仲間入り。このコラムを書いている時点では、2名の騎手がデビューし、それぞれうれしい初勝利を飾っています。

 最初にデビューしたのは、船橋・川島正一厩舎所属の木間塚龍馬(きまつかりょうま)騎手です。

写真で見る!南関東競馬

▲木間塚龍馬騎手 船橋・川島正一厩舎所属(撮影:高橋華代子)

 木間塚騎手は茨城県つくば市出身の17歳。競馬好きな父の勧めで中学1年生の時から乗馬を習い始め、そこから馬に乗る楽しさを知り、この世界を目指したそうです。初めて訪ねた競馬場が船橋競馬場で、その思い出の場所からのデビュー。

 4月8日の船橋8レースで、1番人気キモンルビーに騎乗し、好スタートを決めると先頭に立って押し切り、デビューから4戦目でのうれしい初勝利を挙げました。

「すごくうれしいですが、最後は緊張してしまって真っ白になってしまいました。ゲートを出てから外に張ってしまったり反省点もいっぱいあるので、もう少し直していきたいです」(木間塚騎手)。

 木間塚騎手の『龍馬』というお名前は、近代日本の幕開けに功績を残した英雄『坂本龍馬』のような偉大な人物になって欲しいという願いからつけられたそうです。

「将来的には南関東全場で活躍して、周りから信頼される騎手になりたいです」

 船橋開催後の大井開催では、菅原涼太(すがわらりょうた)騎手がデビューしました。菅原騎手は東京都町田市出身の18歳。大井の堀千亜樹厩舎所属<小林牧場>です。

写真で見る!南関東競馬

▲菅原涼太騎手 大井・堀千亜樹厩舎<小林牧場>所属(撮影:高橋華代子)

 干支が午年という何気ないきっかけから小学5年生の時に乗馬クラブへ通い始め、その後に東京競馬場へ行き、「騎手になりたい」と強く思ったそうです。

 菅原騎手は4月15日大井9レースで4番人気コウギョウサウスに騎乗し、逃げ切り勝ちを収め、初騎乗から8戦目でのうれしい勝利を挙げました。

「一度差し返されて周りが見えなくなるくらい必死に追っていたので、ゴール板を切った後に周りの先輩ジョッキーたちに『おめでとう』と言って頂いて、やっと勝ったことに気づきました。まだ18歳ですが、今までで一番うれしかったです」(菅原騎手)。

 菅原騎手は、松岡修造さんの『大丈夫。なぜなら僕は太陽だから』という言葉が好きで、勝負服は橙色を選んだそうです(地方競馬の騎手は自身の勝負服があります)。

「僕の原動力は家族で、母は僕たち兄弟3人を女手一つで育ててくれました。立派な騎手になって支えていきたいです。そして、競馬界の太陽のような存在になって明るいニュースを届けられるように頑張ります!」

 木間塚騎手も菅原騎手も、乗せて頂いた馬主様、所属の調教師、支えてくださったたくさんの方々への感謝の気持ちを口にしていました。

 さて、4月19日からの川崎開催では、以前このコーナーでもご紹介した神尾香澄(かみおかすみ)騎手がデビュー!川崎競馬場としては28年振りに女性騎手が誕生します。

このコラムをお気に入り登録する

このコラムをお気に入り登録する

お気に入り登録済み

バックナンバーを見る

高橋華代子

南関東競馬リポーター。宮城県仙台市出身。元NHK山形放送局キャスター。タイキフォーチュンがきっかけで競馬の世界を知り魅了され、競馬を伝える仕事に就きたく上京。MXテレビ大井競馬中継を経て、現在は南関東競馬内で取材活動を行っている。南関東競馬公式ウェブサイト内・南関魂、大井競馬ホームページ、サンケイスポーツ、楽天、ウェブハロン、ターファイトクラブ会報誌、馬事通信など。

関連情報

新着コラム

コラムを探す