【天皇賞・春】今年は何が起こっても不思議なし!

2021年04月25日(日) 18:00


■天皇賞・春(GI・阪神芝3200m)フルゲート18頭/登録17頭

★3行でわかる! 天皇賞・春 攻略の糸口

1.波乱傾向が強めのレース条件。7〜12番人気を積極的に!

2.4角で前を射程圏に入れる必要あり。直線勝負は厳しい。

3.阪神大賞典組5歳馬関東馬&関東騎手は要チェック!

データ特注推奨馬

 ★現時点ではナシ

 今年の天皇賞・春が開催される「阪神芝3200m外→内」は、なんと過去に2回しか使用されていないコース。1周目が外回り、2周目が内回りというトリッキーなコース形態で、京都芝3200m外とは何から何まで違う。データ分析の記事でこんなことを言うべきではないのかもしれないが、過去のレース傾向など、今年はまったく参考にならないだろう。そういった前提のもとで、多少なりとも参考になりそうな点をあげた結果がコレだ。

 京都開催でもけっこう波乱含みだったのだから、格段にトリッキーな阪神芝3200mでの開催となることで、その傾向は加速する可能性が大。今回と同じコースで行われている1994年の天皇賞・春はガチガチの順当決着だったが、その勝ち馬であるビワハヤヒデのような「確たる中心」も見当たらない。荒れ馬場や重馬場を苦にする馬や、この距離が未知数である馬が人気を集めそうな今年は、そうそう順当には決まらないはずだ。

 あとは「直線では差せないレース」というのも、しっかり意識しておきたいポイント。京都外回りの長い直線で差せないのだから、阪神の内回りではなおさら差しづらい。中団〜後方に位置する馬は、2周目の3コーナーあたりから進出を開始して、直線の入り口では前を射程圏内に捉えておく必要がある。組み合わせや馬場バイアスにもよるが、おそらく「前」のほうが有利なレースである。

 あとは・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムをお気に入り登録する

このコラムをお気に入り登録する

お気に入り登録済み

バックナンバーを見る

小林誠

競馬業界よろず請負人。1974年三重県生まれ。これまで裏方的な仕事に数多く関わってきたが、さすがに限界を感じて、最近は表舞台への進出を画策中。ライターとして『サラブレ』『UMAJIN』などに寄稿するほか、須田鷹雄監修の『POGの達人』には編集デスクとして参加。2005年に前半3ハロンタイムに特化した予想メソッドを発表し、それを用いた予想をnetkeibaにて公開している。コーヒー党、無類の猫好き。

No.1予想にて関西全レース予想提供中!

関連情報

新着コラム

コラムを探す