【NHKマイルC展望】ファンの皆様へご報告――「ミルコ、頑張らなくちゃいけない理由があります」

2021年05月04日(火) 18:05

「Road to No.1」

▲タイムトゥヘヴンで挑む、NHKマイルC“3連覇!” (C)netkeiba.com

タイムトゥヘヴンでNHKマイルCに挑むミルコ騎手。アドマイヤマーズ、ラウダシオンで現在2連覇中。「3連覇を考えるとプレッシャーが…」と言いますが、ミルコ騎手には勝たなければいけない理由がありました。

この場を借りて…ミルコ騎手からファンの皆様へ、ビッグなご報告がございます!

(取材・構成=森カオル)

※このインタビューは電話取材で行いました

前哨戦「通ったコースを考えたら、強い2着」

──今週は、アドマイヤマーズ、ラウダシオンでミルコ騎手が2連覇中のNHKマイルCです。

ミルコ おぉ〜、ミルコすごいね(笑)。でも、3連覇とか考え始めるとプレッシャーが…。いやいや、タイムトゥヘヴン、チャンスありますね。3連覇を狙える馬に乗ることができて、とっても幸せです。

──前走のニュージーランドT(2着)は京成杯(2着)に次ぐ2度目の騎乗で、馬にとって初めてのマイル戦でしたね。

ミルコ マイル、いいと思いました。勝った馬(バスラットレオン)はものすごく強かったけど、楽なペースで逃げてましたね。僕は外枠(8枠15番)だったこともあって、ずっと外々を回ることになってしまったけど、それでも最後は1頭だけ外から伸びてきました。ホントに能力あると思う。

──確かに、通ったコースを考えたら、強い2着だったと思います。

ミルコ いやぁそれは間違いないよ。ホントに一番頑張ってました。緩い流れで、けっこう重たい馬場で、外々を回ってね。でも、佑介が勝って、よかったよかった。今年は頑張っているから、僕もうれしいね。

──佑介騎手のこと、応援してるんですか?・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムをお気に入り登録する

このコラムをお気に入り登録する

お気に入り登録済み

バックナンバーを見る

質問募集

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

ミルコ・デムーロ

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

関連情報

新着コラム

コラムを探す