期待馬ニホンピロランドで4勝目!「今ならどんな競馬でもできる」

2021年05月04日(火) 18:01

ニホンピロランドで4勝目! デビュー当初から期待の大きかった馬が、いよいよ軌道に乗ってきました。今週の『太論』では、そのニホンピロランドの勝利と、日曜最終で3着したキタサンタイドーの天満橋Sを回顧。

土日ともに一鞍入魂でしたが、日曜日は最終レースまで「暇で仕方がなかった…」と小牧騎手。はたしてどう過ごしていたのか、プロとしての時間の使い方を明かしてくれました。(取材・文:不破由妃子)

※このインタビューは電話取材で実施しました。

たまにはGIに乗りたいなぁと思いながら…

──土曜日の阪神8R(4歳上2勝クラス・ダ1400m)をニホンピロランドで勝利、おめでとうございます!

小牧 ありがとう。やっぱり勝つとホッとするね。ここ2走、ニホンピロランドには乗れていなかったから、余計にホッとしたわ。

──「もう戻ってこないかも…」とおっしゃっていましたものね。さっそくですが、レースを振り返っていただけますか?

小牧 スタートは普通に出たんやけど、最初にちょっと挟まれてね。

──そうでしたね。左右からギュッと。接触したことで、馬がエキサイトしたりしませんでしたか?

小牧 それは大丈夫やった。まぁでも、ある程度の位置を取りたくて、今回はちょっと出していったから。最近は前残りが多いし。

──挟まれた直後にすかさず内に切り替えて。あのあたりはさすがだなと思いました。

小牧 人気してた(福永)祐一くん(2着サンライズラポール)の後ろに入れたらいいなと思ってね。

──勝負どころでは、早めにムチが入っていましたが、あのあたりの手応えというのは?

小牧 思ったほど掛かっていくところがなかったし、2着の馬が強いと思っていたから、早く追いつこうと思って。向こうの馬は、ソラを使っていたしね。

──並ぶ間もなくかわしたと思いきや、福永さんの馬が盛り返してきて。最後は際どくなりましたね。

小牧 そうそう、危なかった(苦笑)。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムをお気に入り登録する

このコラムをお気に入り登録する

お気に入り登録済み

バックナンバーを見る

質問募集

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

小牧太

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

関連情報

新着コラム

コラムを探す