【エプソムC予想】激走ポイントは気候適性と先行力・距離/三宅誠

2021年06月11日(金) 18:00

舞台となる東京1800mでは4戦していずれも馬券圏内と堅実な走りを見せるヤシャマル(c)netkeiba.com、撮影:下野雄規

 不良馬場となった昨年は最低人気のトーラスジェミニが3着に食い込み、3連単421万円の高配当が出ています。今年は雨の心配がなく、良馬場+夏日(25℃以上)のレースが見込まれます。ここでは過去10年の気候成績や脚質分析を中心に、激走注目馬を抽出していきます。

・過去10年の人気別成績
・1番人気馬【3・2・1・4】
・2番人気馬【3・1・1・5】
・3番人気馬【0・2・0・8】
・4番人気馬【1・2・1・6】
・5番人気馬【2・1・1・6】
・6番人気馬【0・1・2・7】
・7番人気〜【1・1・4・97】

 1〜2番人気はそれぞれ3勝を挙げているが、複勝率は50〜60%と信頼度はまずまず。

 激走馬は過去10年で9頭。11〜19年までは1〜5番人気が1着を独占し、2〜3着に激走馬が食い込んでいたが、昨年は9番人気が勝ち星を挙げている。

〇注目ポイント
1.激走馬9頭中6頭が暖〜暑で2勝以上。
11年 6人気2着 エーブチェアマン  2勝
12年 15人気3着 マイネルスターリー 8勝
13年 7人気3着 サンレイレーザー  2勝
14年 8人気3着 ダークシャドウ   2勝
16年 6人気3着 マイネルミラノ   3勝
20年 9人気1着 ダイワキャグニー  5勝

2.激走馬9頭中7頭が4コーナー5番手以内から馬券内に入っている。
                  通過順
12年 15人気3着 マイネルスターリー 3-2-1
13年 7人気3着 サンレイレーザー  5-4-5
16年 6人気3着 マイネルミラノ   1-1-1
17年 6人気3着 マイネルハニー   1-1-1
19年 7人気2着 サラキア      1-1-1
20年 9人気1着 ダイワキャグニー  3-2-2
   18人気3着 トーラスジェミニ  1-1-1

3.激走馬9頭中5頭が東京芝1800mの3勝クラス・1600万以上で連対または激走歴あり。
11年 6人気2着 エーブチェアマン
        (11年きぼう賞・3人気1着)
12年 15人気3着 マイネルスターリー
        (08年共同通信杯・11人気3着)
14年 8人気3着 ダークシャドウ
        (11年毎日王冠・1人気1着)
16年 6人気3着 マイネルミラノ
        (14年むらさき賞・1人気2着)
20年 9人気1着 ダイワキャグニー
        (19年メイS・2人気1着)

〇激走注目馬
・シュリ
暖〜暑[2・1・0・1]掲示板外なし。
6勝すべて4コーナー5番手以内。

・ザダル
暖〜暑[2・0・2・2]と良好。
昨年の関越Sは4コーナー5番手から圧勝。

・ヤシャマル
東京芝1800m[2・1・1・0]と優秀。
近2走は暖で連勝。

■プロフィール
三宅誠(みやけまこと)
 季節馬の激走を体系だって明らかにした気象予報士。レース気温のデータベースを構築、データ分析によって穴馬を導き出すまったく新しい競馬理論。独自のデータを持つ強みを生かして、『競馬王』「激走判定リスト」で推奨馬の年間回収率100%超(14年度)を達成した。『競馬王』で連載中、公式ホームページは「競馬天気」。

独自データベースは馬場レベルを7分類、気候レベルを5分類。馬場:良(水少/水多)、稍重(水少/水多)、重(水少/水多)、不良。気候:寒、涼、暖、暑、酷暑。

「スポーツ気象」の分野でパイオニア的な存在、スポーツ中継で新しいコンテンツを生み出し、テレビ素材として幅広く浸透している。

このコラムをお気に入り登録する

このコラムをお気に入り登録する

お気に入り登録済み

バックナンバーを見る

ウマい予想家

高回収率をたたき出す馬券のプロたちは、どのような視点で重賞レースにアプローチをしているのか。ときに冷静に、ときに大胆に直球勝負で攻める予想家たちの熱き見解は必見。 関連サイト:ウマい馬券

関連情報

新着コラム

コラムを探す