【函館スプリントS予想】秋の大舞台出走のためにも勝利しておきたい

2021年06月11日(金) 18:00

斤量魅力の3歳牝馬や海外帰りのあの馬の取捨は?

 カレンモエは重賞で2、2着。血統的にも洋芝はプラス要素になりそうなので、ここを勝ち切ってスプリンターズS出走のための収得賞金を確実にしたいところ。ゲートから速いというよりは二の脚が速いタイプなので、発馬直後に寄られるような形にならなければ上位争いにはなるだろう。

 コントラチェックは・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムをお気に入り登録する

このコラムをお気に入り登録する

お気に入り登録済み

バックナンバーを見る

須田鷹雄

1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も手掛ける。競馬予想に期待値という概念を持ち込み回収率こそが大切という考え方を早くより提唱したほか、ペーバーオーナーゲーム(POG)の専門書をはじめて執筆・プロデュースし、ブームの先駆けとなった。

関連情報

新着コラム

コラムを探す