【ローズS】7番人気「自信あり」の1点勝負! エグランタイン「◎」で見事に的中!!

2022年09月20日(火) 18:30

予想の頭脳

1番人気に応えたアートハウス(C)netkeiba.com

『ウマい馬券』で活躍するプロ予想家たちの“思考回路”に迫る「予想の頭脳」。今回は、秋華賞トライアルのローズSを取りあげます。重賞勝利馬が不在という異例のメンバー構成となった一戦を、はたして、どんなアプローチで攻略したのか。その“頭脳”に迫ります!

 最初に紹介するのは、“予想家新世代の絶対的エース”メシ馬氏です。

 まずは、賞金的余裕があるため「秋始動戦は仕上げきっていない」可能性も考えられる重賞出走組よりも、「上昇度が高い」夏の条件戦出走馬を重視する姿勢を打ち出します。そして「光るものがある」と本命に抜擢したのが、7番人気3着のエグランタインでした。

 前走で1勝クラスを勝ち上がったばかりのこの馬を、同日メインの小倉記念との比較から、古馬3勝クラスで通用するだけの能力の持ち主とジャッジ。つまり、世代限定の重賞で好走が可能な器と喝破したのです。

 1、2番人気がワンツーフィニッシュを決めたことで馬券は低配当となりましたが、複勝1本勝負できっちりと仕留めることに成功しました。

予想結果はこちら
予想の頭脳

 つづいては、“豊富な経験から少点数で仕留める”太田将紀氏です。

 本命には、1番人気勝利のアートハウスを推奨します。オークスでは7着と敗れていましたが、「能力に馬体が追いついてきた印象」との事で、ひと夏を越しての成長に期待しました。

 馬券は、アートハウスを頭に固定した馬単3点に厳選。対抗に選んだサリエラへの馬単16.3倍を5,500円と厚く的中させると、約9万円の払戻金を獲得したのです。

予想結果はこちら
予想の頭脳

バックナンバーを見る

このコラムをお気に入り登録する

このコラムをお気に入り登録する

お気に入り登録済み

ウマい予想家

高回収率をたたき出す馬券のプロたちは、どのような視点で重賞レースにアプローチをしているのか。先週の重賞レースから予想家たちの頭脳を紐解くコラム。 関連サイト:ウマい馬券

関連情報

新着コラム

コラムを探す