netkeiba.com

【スプリングS・阪神大賞典】対照的なレース展開で悲喜交々

2020年03月23日(月) 18:00

1977年以来の特異的なペースだったスプリングS


 JRAの重賞で連対記録があったのは、人気のヴェルトライゼンデ(父ドリームジャーニー)だけ。先行型が少なくスローの流れが予測されたが、前半1000m通過「63秒2」の超スロー。途中でファルコニア(父ディープインパクト)がたまらずに動いたが、それでもまだペースは上がらず1200m通過はなんと1分15秒5。4コーナーでほとんど一団に固まり、最後の400mだけ「11秒1-11秒4」。上がりの勝負というより、実際の勝負は短い直線だけのきわめて特異な1800mだった。

 それぞれにテーマのあるトライアルだけに、スローが悪いわけではないが、重、不良馬場の年も含め(阪神の11年、東京の88年も合わせ)、手元のストックブックにもこんな緩い流れのスプリングS(皐月賞の優先出走権設定)はない。前半1000m通過がこんなに遅かったのは、おそらく極悪の不良馬場で勝ち時計が1分56秒0だった1977年(勝ち馬ヨシノリュウジン)の「64秒0」以来と思われる。

 その1977年、本番の皐月賞も渋馬場(稍重)で2分05秒1。快勝したのは福永洋一騎手のハードバージ。2着がラッキールーラ。スプリングSの上位3頭は「9、11、7」着という記録が残るが、・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

柏木集保

1948年、長野県出身、早稲田大卒。1973年に日刊競馬に入社。UHFテレビ競馬中継解説者時代から、長年に渡って独自のスタンスと多様な角度からレースを推理し、競馬を語り続ける。netkeiba.com、競馬総合チャンネルでは、土曜メインレース展望(金曜18時)、日曜メインレース展望(土曜18時)、重賞レース回顧(月曜18時)の執筆を担当。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す