netkeiba.com

競り合うシーンもなく抜け出した内容は、見た目以上の完勝/朝日杯FS

2018年12月17日(月) 18:00

父と同じように距離適性の幅を広げたい


 2番人気の牡馬アドマイヤマーズ(父ダイワメジャー)が好位から一気に抜け出し4戦4勝となった。昨年の勝ち馬ダノンプレミアムほどインパクトのある勝ち方ではなかったものの、2馬身の差をつけ1分33秒9(上がり33秒9)で完勝は、朝日杯FSの勝ち馬として上々だろう。

 好スタートから断然人気のグランアレグリア(父ディープインパクト)をマークする絶好の位置につけ、競り合うシーンもなく抜け出した内容はこれまでよりずっと強かった。

 ダイワメジャーの送った8世代目の産駒。ここまでの産駒は典型的なマイラー型が多く、またレーヌミノル、メジャーエンブレム、前日のターコイズSを制したミスパンテールなど牝馬に活躍馬が多い傾向があった。マイルだけでなく、皐月賞、天皇賞(秋)などGIを5勝もしたタフな成長力と、自身と同じように距離の幅を広げる産駒はなぜか少なかったが、アドマイヤマーズは顔つきや同じ栗毛だけでなく、身体全体のバランスも父に似ている気がする。

重賞レース回顧

顔つきだけでなく身体全体のバランスも父に似ているアドマイヤマーズ


 アイルランド産輸入牝馬の母ヴィアメディチ(父メディチアンは、タフな血を伝えるマキャヴェリアン直仔)のファミリーは・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

柏木集保

1948年、長野県出身、早稲田大卒。1973年に日刊競馬に入社。UHFテレビ競馬中継解説者時代から、長年に渡って独自のスタンスと多様な角度からレースを推理し、競馬を語り続ける。netkeiba.com、競馬総合チャンネルでは、土曜メインレース展望(金曜18時)、日曜メインレース展望(土曜18時)、重賞レース回顧(月曜18時)の執筆を担当。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す