【宝塚記念予想】宝塚記念は主流スピードよりも減速耐性が重要

2022年06月24日(金) 19:00

今週末は宝塚記念!

血統ビームを駆使した亀谷敬正の予想を重賞限定で公開!

鋭い着眼点に基づく見解は誰が読んでもタメになります。

以下よりぜひご覧ください。

亀谷敬正の予想を見る

非サンデー系が絡むことが多いレース

 JRAの芝競馬は400mで割れる根幹距離(1600、2000、2400m)でリズム良く追走して、長い直線でスピードを存分に発揮させる能力を強化すれば優勝できるレース質が主流。

 ただし、競馬で要求される能力は一定ではありません。サンデー系の直線スピードを強化する血統よりも、減速要素への強さも補われた血統馬が走りやすいレースもあるのです。その典型的なレースが宝塚記念。

 リズムを取りにくい400mで割れない距離。内回りコース。パワーが要求される路盤。サンデーサイレンスのトップスピードを強化する配合よりも、減速要素への耐性も強化した欧州指向の配合馬が有利になるレース。

 昨年はクロノジェネシスが連覇。父は欧州型で凱旋門賞馬のバゴ。母父も非サンデー系。2着のユニコーンライオンも父が欧州型。サンデーサイレンスの血を持たない馬。

 父も母父も非サンデー系だった馬は、クロノジェネシスとユニコーンライオンしか出走していなかったのですが、・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

バックナンバーを見る

このコラムをお気に入り登録する

このコラムをお気に入り登録する

お気に入り登録済み

亀谷敬正

血統馬券予想理論『血統ビーム』の提唱者で、『ブラッドバイアス』『大系統』『小系統』などの血統予想用語、概念の作者。血統ビームの革新性は20世紀末の競馬予想界に衝撃を与え、現在は競馬ファン、競馬評論家に多大な影響を与え続けている。また『競馬予想TV!』『競馬血統研究所』(ともにCS放送フジテレビONE)に出演するなど活躍中。ツイッターアドレスはツイッターアドレスはコチラ。
ウマい馬券にて『血統ビーム』の予想提供中

関連情報

新着コラム

コラムを探す