netkeiba.com

【函館記念】展開と調教でそれぞれ異なった◎でも的中は譲らない!

2019年07月16日(火) 18:00

予想の頭脳

9着と不完全燃焼だった前走・巴賞から一変。ベテラン田中勝春騎手の手綱に導かれ、初の重賞制覇を果たしたマイスタイル。(撮影:武田明彦)


『ウマい馬券』で活躍するプロ予想家たちの“思考回路”に迫る「予想の頭脳」。今回は“荒れるハンデ重賞”函館記念を取り上げます。1番人気が12年連続で敗退を続け、しかも過去4年連続で2ケタ人気馬が馬券になっていた難解なレースを、『ウマい馬券』の精鋭予想家たちはどんなアプローチで的中に辿り着くことができたのでしょうか。その“頭脳”に迫ります!

前走にとらわれず、過去のレースぶりから本命に



 まず取り上げるのは、馬群マスターの太組不二雄氏です。前年の函館記念の結果と、前日の馬場状態から、今回は「待機レースの内伸び馬場」と推定。それをもとに、今年の京都金杯が待機レースの先行策で2着だったマイスタイルを本命に指名します。

 人気馬苦戦傾向なレースだけに1番人気を推しにくい状況ではありましたが、自身の予想理論を貫き通した結果、これがズバリ。さらに○ステイフーリッシュが3着、▲マイネルファンロンが2着と、印を打った3頭が1〜3着独占でワイドは完全的中。

 選んだ馬が同時に好走することの多い、馬群マスターならではの素晴らしい予想でした。しかもこれで、宝塚記念、ラジオNIKKEI賞、七夕賞と4週連続での的中。この勢いは今後も見逃せません。予想結果はこちら

予想の頭脳

印を打った3頭が、そのまま1〜3着を独占。ワイドは3点完全的中と、少点数で確実に好配当を仕留めた。



過去に好走した調教パターンから人気薄を抜擢!



 そしてもうひとりは調教捜査官、井内利彰氏です。こちらは対照的に、9番人気2着のマイネルファンロンに◎を果敢に打っての的中でした。氏は過去5年の函館記念好走馬の調教を分析し、「最終追い切りが函館のWコースで、加速ラップを踏みつつラスト1Fが最速だった馬」の好走確率が高いことに注目。

 これに該当するなかから、前走12着に大敗していたマイネルファンロンを、最終追い切りでの手前の替え方なども含め「状態は前走以上」と、本命に大抜擢。じつに見事な捜査でした。予想結果はこちら

予想の頭脳

今年も人気薄が好走。函館記念で好走を繰り返してきた調教パターンが、今年も見事にハマった。



キャリアの浅い2歳戦こそ“血統”がモノをいう



 今週のオススメ予想家は、函館2歳Sを前年にキッチリと的中させていた血統予想のスペシャリスト・望田潤氏です。過去3年の勝ち馬カシアス、レヴァンテライオン、ブランボヌールに共通する血が「インリアリティ」であることを指摘。

 加えて、函館芝が「最近は上がりが速く、後ろからはなかなか差せてなくなっている」ことにも着目。3頭の勝ち馬に共通する「前走を4角3番手で勝利」という条件も満たす2番人気アスターペガサスに◎を打ち、しっかり仕留めました。キャリアの浅い若駒たちの戦いで大きな武器となる血統予想、今年も要チェックです。

「通知設定」機能が便利です。望田潤をお気に入り登録して、予想公開情報を逃さずキャッチしよう!


予想家をお気に入り登録する方法は

通知設定の方法は

どんな方法で通知されるの?

関連情報

関連カテゴリ

ウマい予想家

高回収率をたたき出す馬券のプロたちは、どのような視点で重賞レースにアプローチをしているのか。先週の重賞レースから予想家たちの頭脳を紐解くコラム。 関連サイト:<a href="https://yoso.netkeiba.com/?rf=column" target="_blank">ウマい馬券</a>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す