netkeiba.com

悪天候に泣かされた秋競馬 “馬場”に対する小牧騎手の実感を調査

2019年11月19日(火) 18:01

太論

▲“馬場”に関する質問に答えます!


悪天候が続き、道悪での開催が多かった秋競馬。『太論』読者からも、“馬場”に関する質問が多く届きました。今回は、そのなかからいくつかピックアップし、馬場に対する小牧騎手の実感を調査。そこから話が広がり、レース中「馬の後ろに付けるリスク」についても語ってくれました。(取材・文:不破由妃子)


レース中にゴーグルが外れたら…あまりの痛さにビックリ!


──この秋は台風の影響もあって、馬場が悪い開催が多かったですよね。そのためか、馬場にまつわる素朴な疑問がいくつか届いています。まずは、「この秋は雨が多かったので気になったことがあります。アッという間に馬場が回復している印象がありますが、良馬場発表でも稍重に近いなと感じることはあるのでしょうか?」という質問です。

小牧 あるある、それはある。雨の影響を受けた馬場は、良馬場でもあってもやっぱりちょっと湿っているし、パンパンと良馬場とはまた違う。良馬場か稍重かの判断には基準があるんやろうけど、そんなに急には回復せんでしょう。今はだいぶ水捌けもいいんやろうけど、芝なんかは風で渇くという一面もあるんちゃうかな。でもまぁ、雨のあとはデコボコしているから、その点では良馬場でも稍重でも一緒やけどね。

──走りづらさは一緒ということですね。

小牧 なんせいつもより時計が出ないことが多いでしょ? 時計が掛かるということは、走りづらいっていうことやからね。

──続いても馬場にまつわる質問なのですが、「調教で走るウッドチップの“良”と“重”は、具体的にどれくらい違うのですか? 調教欄を見るときの参考にしたいです」。

小牧 単純に、重のときのチップは水分を含んでいるから、走りづらいよ。当然、時計も変わるしね。それに、同じ良でも走る時間帯によって時計は変わる。馬場が慣らされていない時間帯は、・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

質問募集

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

関連情報

関連カテゴリ

小牧太

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す