netkeiba.com

【後輩2人と忘年会】今回の裏テーマが明らかに…!? 高倉稜騎手が呼ばれた“本当の理由”

2018年12月11日(火) 18:00

太論

▲左から川須騎手、高倉騎手、小牧騎手


今月の『太論』は、プライベートでも親交が厚い川須栄彦騎手と高倉稜騎手をゲストに迎えての忘年会! 2018年の回顧や来年に向けた抱負など、忘年会ならではのトークに花が咲くのはもちろんですが、実はその裏に小牧騎手主導のある企画が…。第1回目である今回は、それぞれに騎乗した秋のGI回顧です。アノ“怪物牝馬”の走りを間近で目撃した川須騎手と高倉騎手、はたしてその印象とは!?(取材・文:不破由妃子)


ジャパンCのゴールは……歴史的瞬間でしたよね


小牧 今日は忘年会という形で川須と高倉にきてもらったわけやけど、メインはカラオケやで。ホンマの主旨は「高倉の歌を聴こう! の会」やからね。俺もしっかり練習してきたわ。

高倉 絶対に嫌です! マジで勘弁してください…。

小牧 ダメダメ。一度みんなに高倉の歌を聴かせてあげたいと思って、俺から提案した企画やねん。ホントにめっちゃ上手いから。

川須 全国の高倉稜ファンのみなさん、お待たせしました!・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

質問募集

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

関連情報

関連カテゴリ

小牧太

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す