netkeiba.com

「JRAは途方もない機会損失を負った」モレイラ騎手“不合格”の波紋とは

2018年10月29日(月) 18:01

教えてノモケン

▲「世界の名手に紙やペンと格闘させることに何の意味があるのか」と野元記者 (撮影:高橋正和)


 6月の当コラムで取り上げたジョアン・モレイラ騎手(35)のJRA騎手免許試験挑戦は、ひとまず不合格に終わった。10月2日に行われた一次(筆記)の結果は11日に発表され、受験者7人中、藤井勘一郎騎手(34)だけが合格した。藤井騎手は中学卒業後にオーストラリアに渡って騎手として出発し、シンガポールや韓国でも活動。JRAの試験は受験6度目にして初めての1次突破だった。

 今回の結果を受けて、モレイラ騎手は17日に香港復帰の意向を明らかにした。同地のジョン・サイズ調教師(64)が専属契約騎手として受け入れる姿勢を示しており、近く香港ジョッキークラブ(HKJC)に免許を申請するという。

 今年6月に香港を去ることを決意し、今季の免許申請をしなかったモレイラに対し、HKJCがどんな姿勢で臨むかは、競馬施行者のあり方を測る試金石として興味深い。ともかく、JRAが今回の一件で、途方もない機会損失を負ったことは確かだ。

悲喜が交差した11日の大井


 1次試験の結果が発表されたのは11日午前10時。明暗の分かれた藤井とモレイラはともに、同日の大井で騎乗予定だった。藤井は8日から3カ月の短期免許で大井に参戦。モレイラは11日のレディスプレリュード(JpnIII)にプリンシアコメータで参戦していた。

 午後5時50分頃、試験結果について取材に応えるために、モレイラが大井の会議室に通訳とともに姿を見せた。硬い表情で「大きなパンチを受けたようだ。心が張り裂ける」と感想を述べ、「失敗した場合のことは考えていなかった。次のプランを立てるにはもう少し時間が必要」と、この時点では進路についての言及を避けた。

教えてノモケン

▲10月11日、大井競馬場で報道陣の質問に答えるモレイラ騎手 (撮影:高橋正和)


 聞いていて、心に刺さったのは、再挑戦の意思や日本への思いを質問された場面。「日本の美しさ、人の優しさ、施設や競馬全体のレベルは感動的だ。その点についての考えは変わらない」と話すうちに感情があふれ出た。「暖かい応援をして下さった皆さんの期待に応えられず、申し訳ない」と言った後は声を詰まらせ、長身の通訳の背中に隠れて涙をぬぐい、その場を去った。

 それから20分後。8レースで当日の騎乗を終えた藤井が、取材陣に囲まれた。20代半ばから受験を始めた藤井は、負傷などで受験しなかった年もあり、今回が6回目。「これはワンステップ。次もあるので、気を引き締めていきたい」と話した。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

コラムテーマ募集

このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。

関連情報

関連カテゴリ

野元賢一

1964年1月19日、東京都出身。87年4月、毎日新聞に入社。長野支局を経て、91年から東京本社運動部に移り、競馬のほか一般スポーツ、プロ野球、サッカーなどを担当。96年から日本経済新聞東京本社運動部に移り、関東の競馬担当記者として現在に至る。ラジオNIKKEIの中央競馬実況中継(土曜日)解説。著書に「競馬よ」(日本経済新聞出版)。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す