netkeiba.com

止まらない日本馬の海外GI連敗記録 本当に「日本馬は強くなった」のか?

2019年01月28日(月) 18:02

教えてノモケン

▲日本時間27日未明に行われたペガサスワールドカップ・ターフ招待Sに出走したアエロリット (C)netkeiba.com


 今年の日本馬の海外遠征の先陣を切ったのは、米フロリダ州ガルフストリームパークで1月26日(日本時間27日未明)行われたペガサスワールドカップ・ターフ招待S(GI・約芝1900m)のアエロリット(牝5、美浦・菊沢隆徳厩舎)だった。

 結果は10頭中9着の惨敗。当日は雨で発表はyielding(不良)。序盤は好位置につけたが、中盤を過ぎてからズルズルと後退する全く見せ場のない内容に終わった。この結果、17年4月末のクイーンエリザベスII世C(香港・シャティン)以降の日本馬の海外の国際GI連敗記録は止まらなかった。本当に「日本馬は強くなった」のか?

PWCの新システム


 ペガサスワールドカップ(以下PWC)は2017年に第1回がダート約1800mで行われ、当初からGIだった。新設レースがGIとなるためには、直近3年の上位4頭の平均レーティングが一定の基準(古馬は115)を満たす必要があるが、PWCは既存GIのドンHを継承する形を取ることで、GIとして出発した。PWCターフ・招待Sも、既存のガルフストリームパーク・ターフHを引き継ぐことで、1回目からGIの看板を掲げる形になった。

 PWCの特徴は高額の出走登録料である。過去2年は、出走各馬の登録料を100万ドルに設定。出走枠は12頭で、集まった1200万ドルのうち、優勝賞金に700万ドルが充てられた。第1回が興行的に成功したため、2回目は主催者側の持ち出しで賞金を増額。1着は据え置いたが、総額1630万ドルに拡大した。

 3年目の今回は1600万ドルをダートと芝で分け、ダート900万ドル、芝700万ドルに設定する一方、登録料は50万ドルに減額。北米の芝路線が手薄な点を考慮し、主催者招待枠を設定。招待馬は登録料を徴収せず、賞金額は本来の額の6割とする。芝の優勝賞金は300万ドルだが、招待馬は180万ドルである。

クラブ法人と海外遠征


 アエロリットが招待枠に入ったかどうかは明らかでないが、同馬はクラブ法人「サンデーレーシング」(SR)所有で、募集価格35万円(40口)だった。既に本賞金と付加賞だけで1口当たり約845万円に達しているが、登録料50万ドルなら負担は1口当たり約136万円となる。出資者の同意確保は常識的に不可能で、招待枠で出走した可能性が高い。

 近年はクラブ法人全盛で、昨年の中央の馬主ランク1-4位をクラブ法人が占める。昨年の平地GIの半数はクラブ法人所有馬が勝った。国内GIを勝って初めて、海外遠征が視野に入る現状から、必然的に遠征馬の多くはクラブ所有馬が占めるのだが、ここで問題が生じる。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

コラムテーマ募集

このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。

関連情報

関連カテゴリ

野元賢一

1964年1月19日、東京都出身。87年4月、毎日新聞に入社。長野支局を経て、91年から東京本社運動部に移り、競馬のほか一般スポーツ、プロ野球、サッカーなどを担当。96年から日本経済新聞東京本社運動部に移り、関東の競馬担当記者として現在に至る。ラジオNIKKEIの中央競馬実況中継(土曜日)解説。著書に「競馬よ」(日本経済新聞出版)。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す