netkeiba.com

ゴールドアクターがゴール寸前で差し切り、3連勝で重賞初V!/アルゼンチン共和国杯

2015年11月08日(日) 17:10

ゴールドアクターがゴール寸前で差し切り、3連勝で重賞初制覇(撮影:下野雄規)

 8日、東京競馬場でアルゼンチン共和国杯(3歳上・GII・芝2500m)が行われ、好位でレースを進めた吉田隼人騎手騎乗の1番人気ゴールドアクター(牡4、美浦・中川公成厩舎)が、直線で脚を伸ばして、2番手追走から一旦は抜け出した4番人気メイショウカドマツ(牡6、栗東・藤岡健一厩舎)をゴール寸前で捕らえ、これにアタマ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分34秒0(重)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に3番人気レーヴミストラル(牡3、栗東・松田博資厩舎)が入った。なお、2番人気プロモントーリオ(牡5、美浦・萩原清厩舎)は7着に終わった。

 勝ったゴールドアクターは、父スクリーンヒーロー母ヘイロンシンその父キョウワアリシバという血統。洞爺湖特別(1000万)、オクトーバーS(1600万)に続く3連勝で待望の重賞初制覇を果たすとともに、父スクリーンヒーローとの父子制覇を達成した。

【勝ち馬プロフィール】
ゴールドアクター(牡4)
騎手:吉田隼人
厩舎:美浦・中川公成
父:スクリーンヒーロー
母:ヘイロンシン
母父:キョウワアリシバ
馬主:居城要
生産者:北勝ファーム
通算成績:12戦6勝(重賞1勝)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す