netkeiba.com

最後のサンデー産駒ビュレットライナー引退 ディープ世代の16歳

2018年01月16日(火) 12:00

最後のサンデー産駒ビュレットライナー引退(ユーザー投稿写真:肘Amazonさん)

 名種牡馬サンデーサイレンス産駒の最後の現役馬ビュレットライナー(牡16、岩手・佐藤雅彦厩舎)が引退したことがわかった。今月3日の水沢2Rが最後のレースとなった(7着)。

 ビュレットライナーは、父サンデーサイレンス母カウンテスステフィその父Geiger Counterという血統。2004年9月にデビューし、中央競馬では23戦1勝。6歳時の2008年からはホッカイドウ競馬で出走、2009年から引退までは岩手競馬に在籍した。

 最後の勝利は14歳時の2016年6月、水沢2Rの国指定名勝浄土ヶ浜賞。通算成績は178戦21勝。今後は千葉県の東関東馬事専門学院で第二の馬生を送る。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す