netkeiba.com

【医師の見解】落馬で頭蓋骨骨折の福永騎手は”最低でも1週間は絶対安静”

2018年09月18日(火) 08:30

 16日、ゴール入線後に騎乗馬がつまずき落馬する福永

 神戸新聞杯(23日・阪神11R)でダービーワグネリアンとコンビを組む予定の福永祐一騎手(41)=栗東・フリー=が、16日の落馬で頭蓋骨骨折、気脳症と診断されたにもかかわらず、今週末も騎乗する見込みであることが分かった。

  ◇   ◇

 脳から脊髄、人間の中枢神経は、頭蓋骨や脊椎などの骨と、さらに硬膜という丈夫な何重もの覆いによって保護されています。しかし、今回の落馬事故のように頭蓋骨が破損すると、硬膜にも亀裂が入り、そこから空気が入ってしまう。そんな外傷が「気脳症」です。

 空気が入るだけなら良いのですが、逆に中から髄液が漏れ出す髄液漏に進展する可能性もあります。脳神経科学的に言えば、気脳症は硬膜破損を伴った頭蓋底骨折が副鼻腔などに達し、頭蓋内と外界が外耳孔などを通じて交通しているということで、非常に危険な状況になってもおかしくありません。

 直後のレースに騎乗したという話ですが、私に言わせればめっそうもないことで、最低でも1週間は絶対安静で、経過を見なくてはいけないと思います。手術などの特別な治療は必要ないとしても、安静だけは譲れません。来週も騎乗するなんて、もう一度落馬したらどうするんだ?ということです。

 この先を考えて、今を大切にしておかないと。騎手生命に関わる大けがなのですから、決して無理をしないように、周囲の皆さんが危機感を持って対応していただきたいと、心から望みます。

 ◆松本浩彦(まつもと・ひろひこ)芦屋市・松本クリニック院長。内科・外科をはじめ「ホーム・ドクター」家庭の総合医を実践している。同志社大学客員教授、(社)日本臍帯・胎盤プラセンタ学会会長。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す