【JRA】菊花賞13着のグロンディオーズは屈腱炎を発症

2018年10月30日(火) 17:30

菊花賞に出走したグロンディオーズが屈腱炎を発症(写真は2018年信濃川特別優勝時、撮影:下野雄規)

 21日の菊花賞で13着だったグロンディオーズ(牡3、美浦・田村康仁厩舎)は、左前脚のエコー検査を受けたところ腱の損傷が確認され、屈腱炎と診断された。所属するサンデーサラブレッドクラブが29日、発表した。

 損傷率は9%で範囲も狭く、復帰は十分可能とのこと。28日にノーザンファーム空港牧場に放牧に出されており、今後は復帰を目指して治療に専念する。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す