netkeiba.com

オジュウチョウサン、南武特別厩舎情報/美浦トレセンニュース

2018年11月01日(木) 13:26

障害を飛びつつ良い方向へと向かっているオジュウチョウサン(撮影:佐々木祥恵)

 障害の絶対王者オジュウチョウサン(牡7・美浦・和田正一郎)が、3日(土)に東京競馬場で行われる南武特別(1000万下・芝2400m)で平地2勝目を狙う。追い切りは10月31日(水)にウッドチップコースで石神深一騎手が乗って行われ、追い切り後、和田調教師がコメントを出した。

「今週の追い切りは前に馬を置いて追いかける形でしたが、しっかり気持ちを入れさせるように、それでいてあまりオーバーワークにはならないよう加減しながら調整をしました。感じは良かったですし、予定通りの追い切りができました。動きを見ても、思った通り少しずつ良い方に近づいています。

 左腰が本調子ではなく、万全な状態でないと使うべきではないと思いましたので、予定していた九十九里特別(9/22)を回避しました。そのおかげで腰も良くなっていますし、今は不安らしい不安もありません。障害をやってきたからこそ、ここまで強くなったと思っていますので、この中間は障害を飛ばせながら調整をしてきました」

(取材・文:佐々木祥恵)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す