【京都2歳S】クラージュゲリエ重賞初V 半馬身差振り切った!

2018年11月25日(日) 06:00

 京都2歳Sを制したクラージュゲリエ(左)

 「京都2歳S・G3」(24日、京都)

 まさに火花を散らす激しいデッドヒートだった。名手に導かれ、1番人気のクラージュゲリエが重賞初制覇を果たした。

 好スタートを決めたが、道中は後方で待機。向正面でピタッと折り合いをつけると、4コーナーで徐々に進出を開始した。直線で鞍上の右ステッキに鋭く反応して加速。ほぼ同時にアタックしたブレイキングドーンとの一騎打ちとなったが、しぶとく半馬身差振り切ってゴールを駆け抜けた。

 エリザベス女王杯リスグラシュー)に続き、今年のJRA重賞4勝目を挙げたモレイラは「スタートが良く、ポジションも満足。折り合いもついたし、スペースができてから直線の反応も素晴らしかった」と笑みを浮かべた。

 見届けた兼武助手が「ひどくイレ込むこともなく、気合乗りは良かった。いい結果につながって良かった。並ばれても、抜かさせないところはさすがですね」と人馬をたたえれば、殊勲の鞍上も「フィーリングがいい馬。クラシックのチャンスはあると思う」と将来性にお墨付きを与えた。

 日曜は府中で騎乗するマジックマン。この勝利を弾みに、同じ池江厩舎のサトノダイヤモンドで挑むジャパンCが一層楽しみになった。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す