netkeiba.com

【ステイヤーズS】リッジマン 長丁場制した 初タイトルは2馬身半差の完勝

2018年12月02日(日) 06:00

 連勝で重賞初Vを決めたリッジマン

 「ステイヤーズS・G2」(1日、中山)

 残り800メートル付近から始まったサバイバルマッチ。“待ってました!”とばかりに、1番人気のリッジマンが楽な手応えでスパート開始。予定通りの展開の中で末脚温存となれば、ライバルにとってはたまったものじゃない。最後の急坂を一気に登り切った瞬間に先頭へ。2馬身半差の完勝で、待望の重賞初制覇を決めた。

 エスコート役の蛯名が「しめた!」と思うほどの好スタート。道中は4頭が形成する第一集団の直後で、仕掛けどころを計る。「折り合いがつく馬で、どれかが行ってついて行ければ、と。好スタートを切って、いい位置に入れたおかげ」。思い描いたレースプラン通りに、事が運んだ。

 門別競馬場でデビュー。6戦した2歳秋に中央へ転入した。しばらく低迷したが、昨夏の函館で蛯名とコンビを組んでから上昇気流へ。鞍上は「初めて乗せてもらった時から考えると、力をつけた。厩舎、関係者のおかげだね」と満面の笑みを浮かべる。

 関係者に抱きついて歓喜に浸った庄野師は「若い時と比べたら芯が入ってきた。地方から来て、G2を勝てるまでになったんだから」と、5歳秋にして頭角を現した期待馬を感慨深げに見つめた。馬名は“頂きの男”。地道に駆けてきた分、その未来は明るいに決まっている。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す