netkeiba.com

【海外競馬】豪州移籍のトーセンバジルが安楽死に

2018年12月20日(木) 12:09

昨年の香港ヴァーズで3着となったトーセンバジル(撮影:高橋正和)

 今年7月にJRAの競走馬登録を抹消され、豪州に移籍したトーセンバジル(牡6、豪・D.ウィアー厩舎)が、事故により球節を痛め、安楽死となった。現地メディアが20日、伝えた。

 トーセンバジルは父ハービンジャー母ケアレスウィスパーその父フジキセキという血統。栗東・藤原英昭厩舎在籍の日本所属時代には重賞未勝利ながら2017年の香港ヴァーズ(G1・芝2400m)で3着になるなどの実績があり、移籍後は2戦目、コーフィールド競馬場で行われたアンダーウッドS(G1・芝1800m)で最低人気ながら僅差2着となるなど活躍していた。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す