netkeiba.com

【海外競馬】アエロリット、米国遠征の鞍上はジェルー騎手に 新設G1ペガサスワールドCターフに出走

2019年01月03日(木) 12:45

ジェルー騎手とのコンビでペガサスワールドCターフに臨むアエロリット(写真は2018年毎日王冠優勝時、撮影:下野雄規)

 26日に行われる米G1・ペガサスワールドCターフ(ガルフストリームパーク競馬場・芝1900m)に出走するアエロリット(牝5、美浦・菊沢隆徳厩舎)の鞍上が、フローレン・ジェルー騎手に決定した。

 ペガサスワールドCターフは今年新設のG1競走で、1着賞金は300万ドル(約3億2148万円)、賞金総額は700万ドル。ダートのペガサスワールドC(賞金総額900万ドル)と同日に行われる。

 ジェルー騎手は、フランス・アルジャンタン出身の32歳。18歳の時、ロンシャン競馬場で初勝利を挙げ、19歳で見習い騎手チャンピオンとなる。

 2007年からアメリカに拠点を移し、2014年にBCスプリントを制し念願のG1初勝利。2016年からガンランナーとコンビを組み、昨年のペガサスワールドCを制するなど、G1レース6勝を挙げた。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す