netkeiba.com

【中山金杯】ウインブライト、得意コースで復活 重賞4勝目!さあG1獲り

2019年01月06日(日) 06:00

 豪快に差し切ったウインブライト(撮影・園田高夫)

 「中山金杯・G3」(5日、中山)

 トップハンデも何のその、3番人気のウインブライトが昨年2着の雪辱を果たし、4つ目の重賞タイトルをゲットした。2着に7番人気のステイフーリッシュ、3着には9番人気のタニノフランケルが入った。1番人気のマウントゴールドは12着に敗れた。

 復活の勝利に、松岡の左手が高々と上がった。58キロのトップハンデをモノともせず、ウインブライトが中山巧者ぶりを見せつけた。

 先行勢が多く、ポジションはいつもより後ろの中団から。向正面で外からステイフーリッシュタイムフライヤーが一気に上がって行ったが、そこでひと呼吸置き脚をためた。3〜4コーナー中間で動きだし、直線坂下から一完歩ずつ前との差を詰めると、過去2回重賞を勝った得意のコースで、3度目のVゴールを決めた。

 昨夏は体調が整わずに札幌記念を回避。戦列復帰後の近2戦は、その影響もあり体調面がいまひとつだった。「やっと戻ってきてくれた」と畠山師は安堵(あんど)の表情だ。「G1では何度も壁にはね返されてきたが、前走(マイルCS=9着)にしても悲観する内容じゃなかった。まずは段階を踏んで行きたい」と、昨年も勝った中山記念(2月24日・中山)をステップにG1を目指す考えだ。

 追い切りには必ずまたがり、手塩にかけて育ててきた愛馬の復活に、コンビを組む松岡は「うれしいです」と破顔。家を出る時、妻の美帆さん(35)、長女・心晴(こはる)ちゃん(7)、次女・渚ちゃん(5)に「勝ってくるから」と宣言したことを明かし、「勝てて良かった」と声を弾ませた。

 主戦は「重賞を4つ勝ったので、今年はもう一つ上の位のレース(G1)を勝たせたい」と決意表明。幸先のいいスタートに、さらなる飛躍を誓った。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • いいね順
  • 新着順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す