netkeiba.com

48馬身差!圧倒的1番人気ローリーナが記録的大勝

2019年01月07日(月) 11:30

 5日にサンダウン競馬場で行われたLRメアズハードル(芝19F173y)で、オッズ1.125倍の圧倒的1番人気に推されたローリーナ(牝6、父スパニッシュムーン)が、2着馬に48馬身差をつける記録的大勝を演じた。

 仏国産馬で、祖国の障害戦でデビューし2戦未勝利に終わった後、昨シーズンから愛国の伯楽ウィリアム・マリンズ師の管理下に置かれているのがローリーナだ。昨季の同馬は4戦し、8.1/2馬身差で制したフェアリーハウスのG1メアズノーヴィスハードルCSファイナル(芝20F)、18馬身差で制したチェルトナムフェスティヴァルのG2ドーンランメアズノーヴィスハードル(芝16F179y)の2重賞を含む、4連勝をマークしていた。

 今季ここまでいくつかのレースにエントリーされていたローリーナだったが、いずれも馬場が硬くなったために回避し、始動戦がここまでずれ込むことになった。障害界のニュースターが戦線に戻る日を心待ちにしていたファンは、同馬が最終障害を無事に飛越した段階で大きな拍手を送り、馬なりのまま圧勝した同馬を讃えることになった。

 次走は、チェルトナムフェスティヴァル初日の3月12日に行われる、ハードル2マイル路線の最高峰「G1チャンピオンハードル(芝16F87y)」の予定。ブックメーカーの前売りでは、同競走の3連覇を目指すブーヴェールデール(セン8、父クリヨン)がオッズ2.25から2.5倍の1番人気に推され、ローリーナは4.0から5.5倍の2番人気となっている。

(文:合田直弘)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す