netkeiba.com

【浦和・ニューイヤーC】トーセンガーネット重賞初V、鞍上の五十嵐冬樹騎手「本当に強かったです」/地方競馬レース結果

2019年01月10日(木) 12:03

五十嵐冬樹騎手騎乗のトーセンガーネットが重賞初制覇(撮影:高橋正和)

 9日、浦和競馬場で行われた第62回ニューイヤーC(3歳・ダ1600m・1着賞金1200万円)は、縦長の隊列の中団から進めた五十嵐冬樹騎手騎乗の3番人気トーセンガーネット(牝3、浦和・小久保智厩舎)が、早めに前を捕え抜け出し、最後は2着の1番人気ヒカリオーソ(牡3、川崎・岩本洋厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分41秒9(良)。

五十嵐冬樹騎手のコメント】
「この馬に乗るのは初めてだったので、スタートしてからどういうレースになるかを考えていました。非常に素直で、操縦性の良い乗りやすい馬でした。

 行くと思っていた馬が行ってくれましたし、前が速くなりました。砂をかぶっても頭を上げることもなく普通に走ってくれたので、道中はいい感じだと思っていました。向正面に入って、外に出してからの反応が良かったので、馬任せに上がって行きました。あとは直線は自分の馬のみ信じて追うだけでした。本当に強かったです。

 短期で来てるんですが、こういういい馬に乗せて頂けて、関係者の皆様に感謝しています。久々に南関の重賞を勝つことができました。寒い中来て頂いたファンの皆様の応援のお陰です。こちらでもう少し乗りますが、もっと勝っていきたいので応援よろしくお願いします」

(取材:高橋正和、編集:netkeiba)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す