netkeiba.com

マッキンジーは回避濃厚に、キャリア7戦にしてG1・3勝馬/ペガサスワールドC

2019年01月14日(月) 10:00

 西海岸を拠点に3つのG1を制しているマッキンジー(牡4、父ストリートセンス)が、出走を検討していた1月26日のG1ペガサスワールドC(d9F,ガルフストリームパーク競馬場)を回避する公算が大きくなった。同馬を管理するボブ・バファート調教師が、12日に明らかにしたものだ。

 もともとダービー候補と期待されていたものの、故障で3歳春の3冠を全休したのがマッキンジーだ。半年ぶりの復帰戦となったG1ペンシルヴェニアダービー(d9F)を制して2度目のG1制覇を果たした後、2番人気に推されたG1BCクラシック(d10F)は12着に大敗したが、12月26日にサンタアニタで行われたG1マリブS(d7F)を4.3/4馬身差で快勝し3度目のG1制覇を飾っていた。

 その直後に陣営からは、G1ペガサスワールドCからG1ドバイワールドC(d2000m)に浮かう可能性を示唆するコメントが出ていたが、その後に馬主グループと調教師が協議した結果、マッキンジーは現在も発展途上で、大きな負荷をかける時期ではないとの結論に至ったものだ。

 今後は、3月9日に行われるG1サンタアニタH(d10F),もしくは、6月9日にベルモントパークで行われるG1メトロポリタンハンデキャップ(d8F)を目標に、ローテーションが組まれる模様だ。

(文:合田直弘)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す